FC2ブログ
   
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

幸せなこと

先日、マウちゃんの元気がない感じだったので、
病院に連れて行きました。

様々な検査をして、
エイズは陰性だったり、
お腹の虫もいなかったり(マウはアウトドアなので検査しました)、
腎臓が危険値水準の仲間入りをしているのが気がかり。

何よりもまず、ちゅーるを食べる(なめる)と、
口の具合が悪そうにするので、
口内を見ていただきまして、
歯垢をたくさん除去してもらいました。

白血球が多めなこと、
数日前から下痢気味だったこと、
くしゃみをすることがあったこと。
右目から涙が出て目ヤニになってしまうこと。

それらを踏まえて、
輸液をたくさんしていただいて、
抗生物質の注射をして、
抗生物質の点眼薬を処方してもらいました。

その翌日は、
マウのことを思うと悲しくて、
仕事をしていても、
一人になると涙が溢れてきました。
(仕事が辛くて泣いたわけではない)

仕事から帰ると、
私の人生の大大先輩(80代の女性)からお手紙がきていて、
老猫が亡くなりました、とのこと。
とても他人事とは思えませんでした。

ところが、マウちゃんは、
さらに一晩寝ると、
とっても元気になりました。

DSCF9270.jpg

毎日、目ヤニで汚れていた右目も、
今日、とうとうこの通り、
涙が出なくなりました。

さらにさらに嬉しいことに、
もう何年も私と一緒に寝てくれなかったのに、
昨夜から、一緒に寝てくれるようになりました!

(だから、写真が撮れた、と言えます。
最近、暗いところで眠ってばかりだったから、
写真を撮り辛かったのです)

マウちゃんが元気なだけで、私、
こんなにも幸せな気持ちになれるなんて。

マウちゃんは15歳。
人間でいうと、76歳とのこと。
だから、そろそろ、心の準備はしているつもり。
でも、まだまだ、元気で楽しそうに暮らしてほしい。
そう、心の底から願います。

うちの子、みんな元気。

ラメル君。

DSCF9259.jpg

ルシエル君。

DSCF9227.jpg

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウン・ヒグマ・カラスも元気ですよ。
ただ、暗いところで眠ってることが多いから、
いい写真が撮れなくて、
今日はたぬちゃん写真、欠席です。


もしよろしければ、
ポチっと応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR