08
2
3
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

神様からの贈り物

今朝は、おだやかに晴れた素敵な朝だというのに、
クロゴー君のことを考えると、切なさで一杯になりました。

電話がかかってきて、母が対応していたけれど、
クロゴー君のことかもしれないと思いつつ、、、

電話の内容を聞きたくないなぁ、なんて考えていました。

ところが、母が意外なことを言うのです。
クロゴー君は今朝も生きていて、
今からマウちゃんちに連れて行きます、
というのが、ご実家のおかあさんからの伝言でした。

うわ~~~い!!!
クロゴー君、今朝も生きてる!!!
今からここに来る!!!!

私はがぜん、やる気が出て、
朝すべきことをどんどん、こなしながら、
クロゴー君を待っていました。

* * *

実家のおかあさんが、クロゴー君を、
例のかわいい、クマちゃんの毛布にくるんで、
連れて来てくださいました。

昨日より、更に弱っているけれど、
確かに生きている!

夜、実家のクロゴー君は、動けないはずなのに、
もぞもぞと、どこかに行きたい素振りを何度もしたそうです。
きっと、マウちゃんちに行きたいんだと思われたそうです。
それで今朝、クロゴー君を連れて来てくださいました。

私は、その日の予定を全て取りやめて、
クロゴー君と一緒に過ごすと心に決めました。
夕方、ご実家の娘さんが学校から帰る頃、
クロゴー君をご実家にお返しするので
(娘さんも、クロゴー君のことが心配で心配でたまらないのです)
一緒にいられる時間は限られています。

それでも、昨日、もう2度と会えないと思っていたから、
今日1日はまさしく、神様からの贈り物でした。

クロゴー君と、ただひたすら一緒にいるだけです。
(昨日もそうだったけど)
クロゴー君に手枕をしてあげたり、
なぜてあげたり、
寒くないか、暑くないか、、、いろいろと観察しながら、
ただ時間だけがゆっくり流れていきます。

幸いお天気がよかったし、
クロゴー君も、昨日同様、苦しがることなく、
ただ静かに穏やかに眠るだけなので、
悲しさとかよりも、
私の目には、暖色の幸福な思い出が刻まれました。

そのうち、私が、クロゴー君のそばにいて ”あげている” のではなくて、
私は、クロゴー君のそばに ”いさせていただいている” ということを痛感しました。

そして、全てのことに対して、ありがたさが込み上げて来ました。

そう、私がクロゴー君につきっきりの分、
1人で用事をしたり、ごはんを食べたり、
お昼寝場所を見つけて、
いい子して過ごしているマウちゃんにも感謝しなければ!

クロゴー君にとって、私がまとわりつくから、
うっとおしかったかな。迷惑だったかな。
でも、私の勝手なんだけど、
絶対に1人にしたくありませんでした。

どんなにクロゴー君をなぜても、
どんなにクロゴー君に顔をくっつけて、
<クロゴー君の匂いだ。。。>と思っても、
どんなにありがとう、また会おうね、と言っても、
きりがありません。

今こうしてブログを書いていても、
何一つ、確かなものなど残っていないのです。

でも、それが生きるとか、命ってものなんだなあ。

もう何も飲まず食わずで、どれくらい経つだろう。
どうして生きているのか、不思議で仕方ありません。
何がクロゴー君の原動力になっているんだろう。

今日、こうして私と再び過ごしてくれたことも、
あんなに会いたがっている実家の娘さんが学校から帰るまで、
生きていてくれることも、

全て、私たちの愛に応えてくれていて、
それこそが、クロゴー君の不思議な生きる力になっているのだと思います。

* * *
ところで今朝のハプニング。
クロゴー君の視線の先に、マウが現れました。
マウは、「ちょっとそこ開けてぇ。(中に入りたい)」と言いました。
それで窓を開けたら、クロゴー君の方が地面に下りたのです!
私、咄嗟のことに、「あわわわ~~ (@_@)」としか言えず。

足腰がフラフラだというのに。
着地だって上手くできないのに。
マウを見て、「ぼくもぉ~(外で遊びたい)」って思ったのかな。
(写真は、今朝のその様子です)

しばらくお気に入りだった、
我が家の猫の額な、しょぼいコンクリートの上で
(猫ちゃんは贅沢を言わないんですね)
外の空気に触れ、景色を眺めていました。

<クロゴー君>「お...マウちゃん」
ライブラリ - 11376
<マウ>「ちょっと、そこ開けてぇ~」
ライブラリ - 11378
<この後に、ハプニングと相成ります>

* * *
先ほどご実家からお電話がありました。

クロゴー君、2011年11月11日の夜、永眠しました。
本当によくがんばりました。
たくさんの人を愛して、
たくさんの人に愛されて、
素晴らしい猫生を生き抜いたね。

クロゴー君の永眠について、
あと1、2回ブログを書かせてください。

ランキングに参加しています
もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2ランキングはとっても順位が低くなってしまったので、
ブログの簡素化のため、参加するのを止めました。
(けれど、登録はそのままにしてあるので、データは消えません)
今までのご声援に心から感謝しています。

どうもありがとうございます。







スポンサーサイト

No title

クロゴー君 君は最後まで クロゴー君らしく過ごせたのね
別れは 辛く寂しいけど、本来の姿に戻れるんだよね
クロちゃんと逢えたかな?
クロゴー君の ご冥福をお祈りします

ご実家の皆様 ミケラン家の皆様 ありがとうございました 

No title

クロゴー君はいつも自分らしく
思うままに生きてこれて幸せだったよね。

クロゴー君のことを大事にしてくれる家族
大好きナ7マウちゃんとミケランさんに見守られて

これからはクロゴー君がみんなのこと虹の橋から
見守ってくれるね~

クロゴー君のご冥福をお祈りします。m(__)m

忘れないよ...クロゴー君のこと。

クロゴーくんは本当に幸せ者だなぁ。
毎日ブログを読んでちゃんとクロゴーくんのがんばりを読んでたよ。
もうクロちゃんとは会えたかな?
これからは虹の橋からふたりで大好きなミケランさんとマウちゃんを見守ってね。
頼んだよ!

No title

maukoronさん、はじめまして。

クロゴー君のご冥福をお祈りします。
家族に愛されて幸せな一生だったと思います。

先々代の愛猫を病気で亡くした時のことを思いだし
泣けてしまいました。
3ヶ月くらいは思い出しては涙の毎日でしたが、
maukoronさんも、お気をおとさないように。
マウちゃんが励ましてくれるよね、きっと。

猫ママ@虎鐵さまへお返事です

そうなの。クロゴー君の好きだったこと、全て全うして旅立ちました。
もう何年も、体の調子に不安を抱えていたけれど、それでも、あまりに突然で、本当に悲しいです。

今ごろ、クロちゃんや、こてち君たちとも逢ってるんじゃないかしら。
だから、虹の橋の向こうは、さぞかしにぎやかなことでしょう。

優しい、ネコ友だちに感謝しています。
いつもはげましてくださって、応援してくださって、
本当にありがとうございます。

nonoさまへお返事です

クロゴー君って、本当に自分らしく生きたね。
すごいなあって思います。
そして、幸せなネコ生だったろうと思います。

~体はいつも、辛かったろう。
 それだけは可哀想です~

生きている間は大好きな人々に愛されて、
これからは、クロちゃんだけでなく、
ネコ友さんのネコちゃんたちにも逢えるのよね。

なんて賑やかで、
楽しいネコちゃんでしょう。

忘れないよって、
思ってくださって、
本当にありがとう。

クー坊ちゃんさまへお返事です

ブログが長くなるから、本当はこんなにいろいろ、書くべきじゃないのかもしれないと思いつつ、でも、書かないと消えてしまうから。。。

クロゴー君のがんばりを、どうしても残しておきたかったんです。

読んでくださって、本当にありがとう。

クロちゃん、クロゴー君、見守ってくれるんだね。
ありがたいなぁ。
うれしいなぁ。

shinnosuke55さまへお返事です

コメントをありがとうございます。
一緒に泣いてくださったとのこと、

愛猫ちゃんもshinnnosuke55さんにとって、
かけがえのない大切なネコちゃんにも、
maukoronからお伝えしたいです。

shinnnosuke55さんに出会えてよかったね、
たくさん愛されてよかったね、と。

弱音を吐いてしまうと、
マウちゃんがいなかったら私、
どうなってしまうだろうか、と思います。

クロゴー君の精一杯のネコ生に感謝し、
マウちゃんがそばにいてくれることに感謝しています。
Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR