08
2
3
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

みんな元気です

うちの子、みんな元気です。
お留守番もきちんとできて、
本当にお利口さんです。

いつもありがとう、
って、心から感謝しています。

マウちゃんの見上げた顔が可愛いなあ、
と思って。

DSCF1531.jpg

すると、ラメル君が来たよ。
姉弟のように仲がいい2ニャン。

DSCF1539.jpg

猫にとって世知辛いご時世だけど、
猫の額ほどの庭でも、
自然の中にいる猫の姿って、
いいもんだなあ、
と思う。

図書館で見つけた本。
「せかいいち ゆうかんな ねこ
ほんとうにあった母ねこのゆうきのものがたり」

ゆうかんなねこ

うちには、火傷を負って、
ガリガリに痩せ細って、
家の中に佇んでいた猫を保護した経験があるから、
余計に共感してしまいました。
ー我が家で火傷したのではありません。
念のため。ー

その猫さんとは、
ルシエル君のことだけど。

DSCF1564.jpg

ルシエルと重なる部分もあって、
なおさらいとおしい絵本と思えた。

そんなルシエル君、
重傷を負って、今年、
3回目の夏がやってくる。

でも、最後の最後、
残り5cm×3cmくらいの傷が、
未だに治らない。

3年間、そこには表皮がなくて、
真皮というのかな、
毛細血管と治癒力に満ちた液体でうっすら覆われている。

実は、相当痛いんじゃないかと思う。
実際、「痛いんじゃ、われぇ〜!」
って、一人、ツッコミを入れてる時が多々あります。

でも、下半身全てがぐちゃぐちゃで、
肉球も再生するかどうか疑わしかったのに、
ほんとうにきれいな体になったルシエル。

きっと、体内の不思議なお医者さんチームが、
日々、DNAレベルとか、いろんなレベルで、
間違えないように、慎重に再生治療しているに違いない。

先日、久しぶりに病院に連れていって、
先生に、患部に異常がないかを診ていただきました。
異常はない、とのこと、ひとまず安心。

それより何より、
ルシエルがお世話になって3年経つけど、
初めて知った衝撃の事実。

先生と私は同い年だった。。。。

チャンチャン。

追伸;たぬ吉たぬコアラ・ダークブラ・ヒグマ・カラスも元気です。
ニャンでいるのが好きで、
写真が嫌いだから、
写真がなくて今回は出演ナシです。


もしよろしければ、
ポチっと応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村


あんまりにもかわいくて今年も2種類のバーナーを貼ってしまいました。
どちらをクリックしても”猫友日めくりカレンダー2018”にジャンプします↓
ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー




スポンサーサイト

Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR