07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

初めてネコの気持ちがわかった

「野良猫に噛まれまして」
という、「なんでわざわざ野良猫にちょっかいを出す?」
と、普通には理解されない理由ではありますが、
昨日、治療を受けてきました。

原因は君だよ、君。
くろいの。

DSCF9581.jpg
去勢した暁には「クロベエ」に改名しようと思っているんだけど、、、前途多難。

去勢のための捕獲のタイミングを考えていて、
先週も右手人差し指をパクっと噛まれたばかり。
その時は爪が牙の貫通を遮ってくれて、
最小限の被害で済んだのですが、
今回は、左手の親指と人差し指につながる手のひらが、
熱を持って腫れてジンジン痛い。
病院に行くまでもないような、
行かなくちゃならないような(悩)。

結局、病院に行ってみることにしました。

DSCF7924.jpg
おかあしゃん、がんばったね。

問題は、私、子供の頃の予防接種と歯のメンテナンス以外、
病院に行ったことがない。

だから、注射が怖い。
薬、飲みたくない。
変な化学物質を体内に入れたくない。

それなのに、麻酔とか、
傷口の切開洗浄とか、
もう1本おまけに注射*とか、

針攻めの受難で大の大人が、
内心、大いに疲弊した(勘弁してくれぇ)
というお話。

DSCF9577.jpg
どう考えても体の大きさに対して小さすぎる爪とぎに座るんだとこだわるたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウン・ヒグマ・カラスと「と〜ちゃん、がんばれ」と見守るラメル。(ややこしいですが、たぬとラメルは親子みたいな関係ですが親子ではありません。)

上に書いた「注射*」というのは、
実は、破傷風のワクチンなんです。

お医者さんは、野良猫、野良犬に噛まれた場合、
万が一、破傷風のことが気になる、とのこと。

とはいえ、諸々のことを考えると、
強制ではない、とのこと。

私は、といえば、
実は今まで野良猫を含め、
ネコさんにパクっとされたり、
爪で引っ掻かれたことあり。

今後もそんなことが無きにしも非ず、
なので、変な化学物質一切体内に入れたくない人間にもかかわらず、
破傷風ワクチンを接種することにしました。

DSCF9585.jpg
いつまでたっても子猫のように小さいルシエル。ちっちゃくてかわいい。でも、体重はマウちゃんより重い。見た目はマウの方がふくよかなのに!

今まで、猫さんを病院に連れて行って、
注射とか、麻酔とか、、、
そういうのを受けさせていたけれど、
こんな痛みなんだ、
と、初めてネコさんの気持ちが少しわかった気がします。

ルシエルを保護した当時、
側から見るに、激しく痛がるので、
痛み止めを処方していただいたけど、
薬で痛みって本当に和らぐのだろうか?

今回、お医者さんが痛み止めをくださったけれど、
治療後、我慢ならない痛みはなかったので、
薬を飲むに至らず、「薬で痛みを和らげる効果」について検証することはできませんでした。

いずれにせよ、病院に行った時点で、
噛まれた傷口がふさがっていて、
切開洗浄せずに抗生物質と自前の免疫力で治す、
という選択肢もあったのですが、
個人的には、小さい咬み傷でも、
切開洗浄することで安心感を得られた気がします。

よく考えると、たぬちゃんのような豪傑は、
自分で傷を切開して膿を出します。

でも、マウちゃんとか、女の子は、
そこまでのことができないから、
結局、病院で切開して膿を出したことがあります。

とにかく、猫に噛まれないようにするのが原則です。
読者の皆さんは、この記事を教訓に、
くれぐれも猫さんの扱いに気をつけてください。


もしよろしければ、
ポチっと応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村


あんまりにもかわいくて今年も2種類のバーナーを貼ってしまいました。
どちらをクリックしても”猫友日めくりカレンダー2018”にジャンプします↓
ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー
スポンサーサイト

Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR