07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

184万人分の2000(?)

私が住んでいる県から封書が届きました。
身に覚えがないから何だろう?と恐る恐る開封すると、
県の動物愛護センターに関するアンケートで、
県民の中の、県の動物愛護センターを利用しない県民の中から、
(一部の市、特に大都市では、
独自に動物愛護センターを持っているのだと思います)
約2000人にアンケートを実施します、
とのことでした。

DSCF7199.jpg
マウ姫様♡

インターネットで人口を調べてみると、
県の人口から県の動物愛護センターを利用しないであろう人口を差し引いて、
大雑把な数値で考えると、
約200万人弱の中から選ばれた2000人ということ?

まあ、その辺の数値はどうでもいいけれど、
奇しくも私にアンケートがやって来たからには、
熱意に満ちた回答を心がけました。

DSCF7167.jpg
のんきな男の子、ラメル。

基本的には、

●殺処分はやめてほしい
●ドイツ、イギリス、カリフォルニアやハワイの一部では、
殺処分をしないで保護し、譲渡する制度が確立しているので、
わが県でも可能性はゼロではないはず。
●動物愛護施設が殺処分するところでなくなれば、
ドッグラン、ドッグ・ネコカフェ、、、を併設するとすれば活気建ち、
動物の飼い方講座や研究も充実すると思う。
●施設の職員さんの日頃の頑張りに心から感謝しつつ、
殺処分がなくなれば、精神的負担がなくなると思う。
●動物愛護センターが希望に満ちた施設になりますように。

といったことを根底に、
アンケートに答えて回答を投函しました。

DSCF7269.jpg
昨年、人騒がせな男、だった、ルシエル。

昨年末、我が家のルシエルが行方不明になって、
動物愛護センターに「迷子ネコ」登録をし、
ルシエルは「番号」までつけてもらったほどお世話になりました。
連絡した時は、「3日毎くらいに消息を愛護センターに連絡してください」
と言われて、この先、いつまで連絡し続けることになるだろう、
と心が重くなりました。

しかし、結局、私がルシエルの消息を伝えたのは、
1回だけ、2回目の連絡は「ルシエル、無事保護しました」
という幸せなものでした。

DSCF7161.jpg
たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウン・ヒグマ・カラスのトドみたいな寝姿。

実は他にも、今から何十年も前、
ポメラニアンのミック・ジャガー君が行方不明になり、
「保護されたポメラニアンがいる」とのことで、
施設に行ったことがあります。

保護されていたポメラニアンは、
私のミック・ジャガーではありませんでした。

とても複雑で、悲しい気持ちがしたのを、
今でも忘れることができません。

そういういきさつがあるので、
偶然選ばれた?と言うよりも、
選ばれたのは必然なのではないかと思うほどです。

偶然でも必然でも、
アンケートの方向性が、
何となく、愛護センターをよりよいものにしたくて、
(アンケートを実施している)
という感じがしたので、
真心込めて回答させていただきました。


もしよろしければ、
ポチっと応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村


あんまりにもかわいくて今年も2種類のバーナーを貼ってしまいました。
どちらをクリックしても”猫友日めくりカレンダー2016”にジャンプします↓
ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー


スポンサーサイト

Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR