04
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
   

いつも通りのありがたさ

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウン・ヒグマ・カラスが、
隣の空き家に入り込んで何日間も出られなくなったのを、
保護して、帰還して、たぬはだいぶ落ち着きました。

なぜかニャンズに好評の、
オンボロ和室では、
ラメル(フランス語で「海」)とルシエル(フランス語で「空」)が、
気持ち良さそうに寝ています。

Comme d'habitude.(いつものように)

DSCF5910.jpg

たぬは、家出する前に目撃したのと、
同じ場所で寝ています。
ここがお気に入りなんだね。

DSCF5902.jpg

・・・と思っていたら、
しばらくしたら、3ニャン、みんな同じ部屋で寝ていました。
いつの間にみんニャ、こんなに仲良くなったんだろう。

DSCF5933.jpg

マウちゃんは、今日は2階のベッドの下で寝ています。
女は1ニャンで大丈夫。
女は強し。

写真は「お花と舞宇(マウ)」
そうそう、マウって、本名は「舞宇」って漢字で書くんですよ。

DSCF5811 - バージョン 2

ちなみに、たぬちゃんが敷き布団的に乗っかってるのは、
市販の爪研ぎを3つ、横に重ねたものです。
名付けて「手作り爪研ぎ畳、猫仕様」です。

もともと、ルシエル君が、ケガの療養のプチ監禁で、
ストレスを抱えていて、ダンボールで爪研ぎするのを見て、
ルシエル君のために作り始めました。

我が家の歴代ニャンズは、市販の細長い爪研ぎには見向きもしなかったのですが、
この「猫畳仕様」の形にしたところ、大人気となり、
今ではみんニャ、暇さえあれば「猫様畳爪研ぎ」でせっせと爪研ぎに励んでいます。

たぬが寝床代わりに使っている様子は、
この写真↓がわかりやすいかもしれません。

DSCF5935.jpg

<作り方>
1)細長い爪研ぎ、3枚セットを買ってきます
2)木工用ボンドで3枚を横広くくっつけます
3)細長い空間に入れて、細長い重しで一晩プレスします
   ↑この行程が大事です。 
    これをしないと、怪力ネコさんがぶっ壊してしまいます。
    プレスが上手くいくと、少々の怪力爪研ぎでも壊れません。

皆さんも、「まさかねぇ」と思いながら、
お試しください。


もしよろしければ、
ポチっと応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村


あんまりにもかわいくて今年も2種類のバーナーを貼ってしまいました。
どちらをクリックしても”猫友日めくりカレンダー2016”にジャンプします↓
ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

スポンサーサイト

Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR