11
1
2
3
4
5
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
   

くろいの

昨日、ルシエルの治療経過を見ていただくために、
動物病院に行きました。

DSCF4704 - バージョン 2

ルシエル本猫は、傷が劇的に小さくなっている、
なんてことはないのですが、
10ヶ月あまり経過を観察した私の直感では、
良い傾向で回復していると思います。

体重だって、4.75キロ。
ステロイド治療を始めた10日前より更に増えています。
(ちなみに、うちに突如現れた昨年8月は2.5キロでした)

これからはステロイドの量を徐々に減らしていく方向で、
様子を見ることになりました。

ルシエルについては、
何もかも完璧、ではないけれど、
ある程度幸せな暮らしをしていて、
傷も癒えてきて、特に問題はないのですが、

治療の後、先生が、
「後ろを見て」
とおっしゃって、そちらを振り返ると、
黒猫の里親を募集しているお知らせがありました。

「実は、maukoroさんちの界隈なんですよ」

私は、うちに外猫としてやってくる、
”くろいの”が関係しているのかな、
と直感しました。

DSCF3862.jpg

でも、”くろいの”は男の子のはず。
「お母さんが黒猫で、子どももみんな黒猫だから、
お父さんが”その子”の可能性は十分あります」
とのことでした。

私、ずっとずっと前から、
”くろいの”を去勢するとか、、、なんとかしなければと思っていました。

でも、その前に、私の事情として、
たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンとラメルの捕獲→去勢→うちの子状態
の流れがあって疲れていて、

”くろいの”とたぬ、ラメルの仲が非常に悪くて、

そうこうしているうちに、
ルシエルが突然現れて、ルシエルの治療+去勢→うちの子状態

という事態になって、とても”くろいの”まで面倒を見る余裕がありませんでした。

〜全て言い訳です。見苦しいです。〜

先生は、幸い里親募集の子たちは、
幸せになるように動いている人たちが少なからずいること、

そして、個人が猫を救うにはどうしても限界があり、
(全てを救おうとすると自滅してしまうから)←ここは私の意訳補充。
自分にできることをしていけばいいと思うよ、

更に、今の均衡を崩すと、出て行く子が出てくるかもしれない。
(今の状態がベストなら、1歩を踏み出せないことも仕方ない、
何がそれぞれの猫にとって幸せなのかはわからない)←ここは私の意訳補充。


と、私をなぐさめ、はげましてくださいました。

私は”くろいの”が、どれほど必死で生き抜いているかを見てきました。
ある時、”くろいの”が、ものすごい風邪状態で我が家に猫ごはんのご相伴にあずかりに来ました。
その風邪が、マウとたぬちゃんには免疫があったようでうつらなかったのですが、ラメルにうつりました。

ラメルは、くしゃみ、鼻水、、、ヘロヘロになって、
高熱も出て、病院に通ったものの、
1週間くらい、ごはんなんて食べられませんでした。

けれど、”くろいの”は、ラメルよりひどい状態なのに、
猫ごはんを食って、食って、食いまくって帰っていき、
風邪を克服しました。

”くろいの”が4、5日来ないのは、
家の周り、雪が膝上くらい積もったときくらい。
雨の日も風の日も、寒い夜も、うちの子のごはんのおこぼれをもらいにきます。

それぐらい、強くて、賢くて、たくましく、
涙ぐましいほど生きる気力あふれる子です。

この小さな黒猫さんたちが、
みんな幸せな家族に引き取られることを願って、
『幸せ玉』を送ります。


以前ブログに書いた、
こちらの病院で預かっていらっしゃる、
サビ猫ちゃん(女の子)と茶トラ君(男の子)も、
まだ里親が見つかってないそうです。

強く強く、『幸せ玉』を送ります

また、広島県北S市のK動物病院に連絡すると、
里親を待っている子たちの情報を教えていただけると思うので、
近隣の方は情報の拡散のご協力をお願いします。

我が家の「ネコ関係の均衡」を修復するのに、
長い時間かかって、ここまで来たと感じる写真です。

DSCF4738.jpg


もしよろしければ、
ポチっと応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村


あんまりにもかわいくて今年も2種類のバーナーを貼ってしまいました。
どちらをクリックしても”猫友日めくりカレンダー2016”にジャンプします↓
ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー
スポンサーサイト

Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR