04
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
   

ルシエル、病院に行く

月曜日、やっとルシエルを病院に連れて行くことができました。

DSCF2532.jpg

どこも悪いところはないのですが、
やけど傷の経過を先生にご報告したかったことと、
(しつこいですが、保護した時、既にヤケドを負っていて、我が家でヤケドしたわけではありません)
その日、やたらやけど傷が痛いと、
「痛いんじゃ、わし(*`皿´*)ノ(広島弁で「おれ」という意味)」と、
自分で自分に腹を立てていたので、
痛み止めや抗生物質を投与していただくためです。

写真の足元に少し見える赤い部分がその傷です。
実はそれ以外にも、左脚にいろいろと後遺症と言いますか、
損傷があります。なかなか治りません。

DSCF2572.jpg

病院では、「毛の色が濃くなった!!」と話題に。
確かに私も、保護した頃は、絶対的にラメル君に似ていたのに、
今は、たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウン・ヒグマ・カラスの子分にしか見えないのが不思議だったのですが、目の錯覚ではなく、誰の目から見ても、毛の色が変わったみたいです。

DSCF2510.jpg
マウと仲良くごはんを食べてる背中は「ラメル」です。ルシエルではありません。

先生がおっしゃるには、
栄養状態が良くなると、
毛の色が濃くなることがまま、あるそうです。

それから、先生がつくづく、
「それにしても、落ち着いたねぇ」
と感心しておられました。

確かに。
怪我の酷さゆえ、監禁、プチ監禁を余儀なくされた頃、
諦観の反面、コーン素材のカゴを1つ、
噛んで消滅させましたからね。
(噛んで噛みくだいて、カゴがどんどん小さくなって、
ついには形がなくなったのです)

けれども、この前、新しく買い足したカゴは、
一瞬カミカミしたものの、
すぐに止めて、2度と相手にしません。

小さい体と心に、
よほどのストレスを抱えていたあの頃。

今はすっかり、我が家でも落ち着いて暮らしています。

マウの向こうにたぬちゃん↓います。

DSCF2636.jpg


もしよろしければ、
ポチっと応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村


あんまりにもかわいくて今年も2種類のバーナーを貼ってしまいました。
どちらをクリックしても”猫友日めくりカレンダー2016”にジャンプします↓
ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー
スポンサーサイト

Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR