04
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
   

「共存」という考え方

月曜日、ルシエルを病院に連れて行きました。
今までの怪我の経過診察と、
放浪中の怪我などがないか確認していただきました。

8月からとても親身になって、
ルシエルを治療してくださった先生と看護師さんに、
いなくなってしまったまま、ではなく、
再び元気な様子を見ていただくことができて、
ほっとしています。

DSCF0728.jpg
ルシエル(フランス語で「空」)とラメル(フランス語で「海」。合わせて「空海」。仲良しすぎるやろ。

話は変わって、
今朝の新聞に、私が住む市のある自治振興区での、
「猫と共存」するための活動に関する記事がありました。

記事の内容を簡単に説明すると、

●S市S町が同町の猫の飼育に関する指針をまとめた。
●住民の間で飼育方法やふん尿の処理をめぐってトラブルがあったため、
 飼育ルールを住民に提案する説明会を開いていく。
●「内猫」(屋内で飼う)
「外猫」(屋外で飼う)
「野良猫」(飼い主がいない猫)
「ムラ猫」(住民がルールに基づいて地域で管理する)
に分類する
●飼い主には外猫がトラブルの元凶なので屋外飼育をうながす
●野良猫を増やさないよう終生飼育と不妊手術の実施を求める

一方で、

●個人での猫の捕獲や虐待は処罰の対象になることを解説。
●野良猫をムラ猫として管理するよう呼びかける(餌付け場所を決める、不妊手術を施す)
●手術費用の一部は自治振興区や地元の社会福祉法人が支援する方針。

事務局長さんの談として、
「野良猫ももともとは捨てられた飼い猫。
指針によって駆除ではなく、
住民と猫が地域で共存できる環境を整えたい」

DSCF0724.jpg
仲良しすぎるだろ。

奇しくも私、近々、
この地域に行く予定(節分草を見に行きます)があります。
同じ市にありながらなかなか訪れる機会がない、
初めて訪れる地域です。

決して遠くない地域で、猫と住民の共存のために、
トラブルを面倒なこと、と思わず、
ここまで心をくだいて努力している人たちがいると思うと、
本当に、ありがたくて、頭が上がりません。

DSCF0715 - バージョン 2
仲良しすぎるニャ♡

今回のルシエル家出事件で、
今もいろいろ考えさせられることがある状態なので、
なおさらです。

個人でできることは非常に限られている。
そうかといって、有志を募って活動するのも、
実際のところ簡単なことではないことを、
痛感していたところです。

「共存」

まさしく、そのキーワードが重要で、全てです。

イギリスやドイツで行われている、
殺処分ゼロの犬猫保護活動が、
日本にも浸透したら、と思いますが、
これこそ、実現への道は険しいです。

けれども、この自治体の取り組みは、
”これなら日本でも可能だし、浸透すれば、
殺処分ゼロへの道が開かれるかもしれない”
と思う兆しを感じます。

〜そうだとしても、自治区レベルに、
犬猫に深い理解がある人が多くないと難しいことですが。

DSCF0616.jpg
ラッキーなことに、偶然遭遇しました↑全国巡回中の巨大クロネコさん。

DSCF0617.jpg
大都市から少しハイキングをしただけで、この景色。
奥に見えるのは瀬戸内海と海に浮かぶ島々。



もしよろしければ、
ポチっと応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村


あんまりにもかわいくて今年も2種類のバーナーを貼ってしまいました。
どちらをクリックしても”猫友日めくりカレンダー2016”にジャンプします↓
ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー


スポンサーサイト

Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR