04
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
   

灯火が消えたよう

面白くて明るくてかわいいルシエルが、
いなくなって、
我が家と私の心の灯火は消えたよう。

ルシエルがいなくなってから、
届いたもの↓。
私は全然知らなかったけど、
母がルシエルならきっと喜ぶと思って、
注文してたんだって。

とにかく遊ぶの大好きだったルシエル。
絶対絶対、大喜びしてくれたと思うのです。

DSCF0305.jpg

念のため、十中八九ありえないけど、
万が一、ルシエルが隠れてないか調べてみた
“倉庫”っぽい部屋に、
大量のルシエル用ネコ砂のストックを発見。
母がコツコツ集めてたんだって。

私も母も、ルシエルがずっと、
ここにいるって、信じて疑ってなかった。

DSCF0295.jpg
マウちゃん、何思う?

ルシエルがいなくなって、
いろんなこと考えていたら、
私、ルシエルの本当の気持ちを、
十分理解してなかったことを痛感して、
胸が痛いです。

暖かい寝床と安心して暮らせる環境を整え、
おいちいごはんをたくさん用意して、
私が一緒にいてあげられる分は一緒にいて、
「ルシ坊、なんかかわいいのぅ」って、
なぜくり回してしていたけれど、
その裏で、我が家の人間の都合の部分は我慢してもらっていたこと。
プラス、我が家のネコさん関係の微妙で複雑な違和感。
そこの部分がルシエルにはあってはならなかったのです。

ルシエルは人間が大好きだし、
ネコさんと係るのも大好きな社交的な子だったけど、
多分、1ニャンで、ルシエルが大好きな人間の愛情を、
100%受けて暮らすのが望ましかったのだろう。

DSCF0303.jpg
後ろ姿が似てるけど、遊んでるのはラメル君。

我が家では、どうしても、
4分の1の愛しか与えてあげられない。
物理的にはね。

でも、心の中では、
4ニャンみんな、同じ愛なんだよ。

私が4人いたら、全ニャン、
いつも一緒にいて、
いつも一緒に遊んで、
寝るときも一緒に眠るんだけど。

ルシエルは本当に、本当に、
明るくて優しくていい子だった。
あれもこれも思い出しては泣けてくる。

DSCF9764.jpg
早く帰っておいで。きっと帰っておいで。

ルシがいなくなって、
私にできなくなったこと。
音楽。
ピアノを弾くことができない。
明日の合唱の練習も行けそうにない。

病院の先生と看護師さんにも申し訳ないです。
治る見込みすらわからない最初の頃のルシエルを、
辛抱強く、心を込めて、診療してくださって、
あと一歩のところまで回復していたのに。

昨日私が、かろうじてルシエルのためにできたこと。
県の動物愛護センターに捜索願を出したこと。
現在、ルシエルらしき情報は入ってなくて、
今後、週2回、ルシエルが帰ってきたか否かを、
私から電話で連絡することになっています。

もちろん、ルシエルが無事帰ってきたり、
見つかったら、その連絡も必ずしなければなりません。
そんな嬉しい連絡ができますように。

何の因果か、ものすごい量の雪が降り、
猫道が封鎖されたせいでしょうか。
たぬ吉とラメルが敵対している黒いネコさん、
数日間、ネコごはんをこっそり横取りに来ませんでしたが、
今日から見かけるようになりました。

あの強豪、黒いネコさんでさえ、
ここ数日活動できなかったのだから、
ひょこたんひょこたんぎこちなく歩くルシエルはなおさらのこと。
だから帰ってこれなかったのかな。

ということは、そろそろ帰ってきてくれるかな。

p.s.ネコ友のみなさん、いつもエールをありがとう。
スポンサーサイト

Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR