04
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
   

ルシエルのかかと

先週の木曜日、ルシエルを病院に連れて行きました。
もともと、翌週金曜日に傷の様子をお見せする予定でしたが、
「痛い!痛い!」と夜も眠れずないたりうめいたりするのがMAXになり、
見るに見かねて、病院行きを前倒しし、
先生のお許しが出れば痛み止めを投与していただきたいと思いました。

DSCF9462.jpg
コアラ顔ルシ君、コアラのぬいぐるみを執拗にカミカミする

どうして、どこが、どんな風に痛いのか、
先生がしばらく観察されているうち、
「わかった!」とおっしゃいました。

痛さの原因は、
後ろ左脚の専門用語では「足根骨」という辺り、
人間で言うと、”かかと”に該当するみたいですが、
そこが何らかの原因で炎症を起こしていて、
それが睡眠不足や精神的辛さを引き起こして、
体全体の調子も悪くしている可能性がある、
とのことです。

DSCF9481.jpg
左脚の”かかと”の赤い部分がそれです。この写真は治療して炎症が治まった後の様子です。

私はてっきり、お腹の皮膚の再生が追いつかず、
赤い筋肉?みたいなものがむき出しになっている部分が、
(一番最初の写真に少しそれが写っています。脚の付け根の赤い部分です)
風に触れたり、舐めたり、ちょっとした刺激で酷く痛むのかな?
と思っていまして、”かかと”が原因とは思ってもみませんでした。

よく見てみると、患部は膿が詰まっているらしく、
熱があり、腫れているようで、状態が非常に悪いです。

私も、そういわれてみれば、
ずっと”かかと”も気になっていたのです。
赤みがなくなったと思ったら、
またカサブタが剥がれて血が出る、
の繰り返し。

脚の大きさも左はひどく細いです。

実は、今回の一週間前に連れて行った際も、
「左脚、順調に回復していたのに、
最近、以前のように左脚を全く使わなくなり、
再び元の”焼き鳥”みたいな素材感になったのです」
と、先生に報告していました。

それでも、今回の、「痛いよぉ!」と辛そうにないたり、
座るベストポジションを見つけるのに、
5分くらい、ゆっくりじっくり、グルグル旋回する理由が、
”かかと”にあるとは思ってもみませんでした。

DSCF9464.jpg
コアラの耳の毛だけ無性にかじるルシ。

そうと見当がつけば、
抗生物質と痛み止めの注射、
家でまず3日間痛み止めの薬の投与、
その後、引き続き痛がるかどうか様子をみる、
痛がったら痛み止めを飲ませる、
再び痛がるまでのスパンを測る、
という治療と指示をしていただきました。

DSCF9465.jpg

すると、家に帰るなり、
ご機嫌で元気で明るいルシエル復活です。
こんなに早く治療の効果がでるとは驚きです。

その後も”ぼく、とっても調子いいよ♪”って感じで、
もう痛い、痛いとなくことがありません。
夜も昼も、寝る時はぐっすり眠っています。

特にすごいのは、今まで、
体の左側を上にしないと横になれなかったのに、
左側を下にして眠っていることが多くなりました。

今は再び、積極的に左脚を使って歩いています。

せっかく先生が「仮に使わなくても杖になるから」
と、できるだけ切断しない方向で見守ってくださっている左脚。
この調子なら、杖どころか、十分使える機能を果たしそうです。

数日後、ルシエルを病院に連れて行って、
経過を診ていただいたり、
場合によってはレントゲンなどの精査をしていただく予定です。

マウちゃん、そして、たぬ吉、ラメル、
みんな元気です。

DSCF8943 - バージョン 2


もしよろしければ、
ポチっと応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村


あんまりにもかわいくて今年も2種類のバーナーを貼ってしまいました。
どちらをクリックしても”猫友日めくりカレンダー2016”にジャンプします↓
ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー


スポンサーサイト

Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR