08
2
3
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ルシエルの近況です

マメにブログを書かない間に、
ルシエルのこと、いろいろあった気がします。

まず、今現在のルシエルはヤケドによる傷も、
あと一息のところまできています。

こんなにきれいに治るとは!
驚きです。
動物病院の先生、看護師さんの治療のおかげです。

一番傷が酷かったと思われる部分(左脚)が、
最も治るのに時間がかかっています。

ヤケドとは別に、
2日前まで、慢性的な下痢が酷く、
1日に5回くらい下痢便をしていたのですが、
昨日はかなり固形になり、2回のウンピとなりました。

今日は既に2回ちょっとゆるめのウンピしてる、、、
3歩進んで2歩下がる感じだけど、
少しずつ改善しているのかな?と思います。

DSCF7067.jpg

なぜ慢性的な下痢になるのか、
病院でもいろいろ可能性を検討してくださいますし、
自分でもインターネットで調べたりしました。

すると、下痢には原因と思われることがたくさんあって、
原因を特定するのは難しいということがわかりました。

一つ一つ、原因をつぶしていって、
行き着いたところが真の原因、
(または複数の要素あり)という感じでしょうか。

ただ、ルシエルの場合、下痢によって元気がないとか、
食欲がない、ということがなく、
タール便だとか緑色をしてるとか、、、ということもありません。

ですから、

シルバーウィークということもあり、
病院に行くまでにインターバルがある関係で、
私の心に止まった下痢便の意見は意外にも、

”何もしない”

です。

ある動物病院の先生のブログによると、

毒素があるから排出しようとする、
腸をすっからかんにした方が機能回復に専念できる、、、

ルシエルは抗生物質を長期間投与しているので、
「現在、善玉菌が不足しています!
腸内を整えますので、しばしお待ちを」
と(体が)言ってるのかもしれないなぁ、と思うのです。

もちろん、脱水しているとか、
あきらかに治療を必要としている下痢は別ですが!

今日も、こんな顔で日向ぼっこを楽しんでいるから、
人間サイドが「下痢!下痢!どうしよう!」
と過剰反応するまい、と思っているわけです。

DSCF7075.jpg

他には、、、
警察に「シャム猫の捜索願」が出てないか確認に行きました。
私自身、過去、大切なネコたちが行方不明になったら、
その都度、警察に捜索願を出してきたからです。
(マウも提出したことがあります。
幸い、全ての捜索願に対して、
みんな自力で帰ってきてくれて、
そのことを警察に報告すると喜んでくださいました)

警察では、動物愛護センターにも確認を取ってくださって、
今、該当する捜索願は出ていないことがわかりました。

これらのことで、少しだけ、気持ちの整理がつきました。
今、捜索願が出ている子というのは確かにいて、
その子たちの飼い主さんは必死の思いで探しています。
私がそこまでの思い入れがある子だと知らずに、
我が家で密かに保護しているわけではない、
ということがわかったからです。

他にも、チラシを作るとか、ポスターを貼るとか、
すべきことはあるけれど、、、。

それはそうと、私が育てることを前提に問い合わせたのですが、
警察署の落とし物担当の方が「ありがとうございます」と何度もおっしゃるのです。
思わず、警察官さんがお礼をおっしゃることはないです、と申し上げたほどです。

その心は、警察は落とし物の保管場所ではないから、
やむを得ず、愛護センターに届けることもあるし、
持ち主が現れずに期限が過ぎたら、
法律上、拾い主の意思で破棄できる。
ということは、「物」と同じく破棄することもできるわけです。

けれど、期限がきても、この子の命の責任は取ります、
というやり取りをする中での「ありがとうございます」なのです。

もう1つ、心の整理に役立ったことは、
ルシエルのヤケドなどの体の傷のことです。
もしも飼い主さんが現れた時、
我が家に来た時、既にヤケドを負っていた、
ということを証明することができて助かりました。

DSCF7070.jpg

他にもルシエルには、、、
厳しく「ダメ!」と言い聞かせるような出来事が、
過去にもありましたけど、更にもう1度ありまして、、、

その度に自己嫌悪です。

ただ、ルシエルはどんどんいい子になっていて、
最近、夜は人間が落ち着いて寝れないような騒ぎをしない(とても静かに過ごしてくれる)、とか、我が家のネコたちが自由に出入りするにもかかわらず、失踪することもありません。(ルシエルが外に出たら、帰ってこれない可能性が高いです)

ルシエルには、ちょっとおバカさんだなあ、
と思う一面も多々あるのですが、
猫なのに1つ1つ学習していい子して暮らしてくれる姿を見ていると、
健気さに胸が熱くなります。

そんなわけで、最近は、「こらっ!ダメ!」
って“躾ける”(←今まで猫さんに使ったことがない概念)
ことはなくなりました。

いろいろあるけれど、
たぬ吉やラメル、マウちゃんが、
みんなが集まっていた大好きな場所を、
今はルシエルが自由に使っているのだから、
(たぬ、ラメル、マウの方が遠慮して、
それぞれ、別の場所で過ごしています)
猫的にはとてもいい環境で暮らしていると思います。

撮りたてホヤホヤ、マウちゃんです。
今日の午後はずっと一緒に過ごしてくれています。
だから私もできるだけマウちゃんと一緒にいようと思います。
最高の(私への)プレゼントです。
マウちゃん、ありがとう。

DSCF7108.jpg


もしよろしければ、
ポチっと応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村


あんまりにもかわいくて今年も2種類のバーナーを貼ってしまいました。
どちらをクリックしても”猫友日めくりカレンダー2016”にジャンプします↓
ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー
スポンサーサイト

No title

ルシエルちゃんが頑張ってるのは、
maukoronちゃんとみんにゃの優しい気持ちが伝わっているから♪
みんにゃを受け止めてくれてありがとね(*^^*)

マウちゃんからのプレゼント羨ましいにゃ~~
maukoronちゃん お誕生日おめでとう0(^0^)0

猫ママさまへお返事です

いつもマウちゃんとその仲間たちのことを見守ってくださって、どうもありがとうございます。

ルシエルのように人間が振り回されるような子に出会うと、自分の至らなさが明らかになって恥ずかしい限り、自照の毎日です。

そんなこんなの自分の誕生日(;^_^A
お祝いのお言葉、とってもうれしいです。
いつもありがとう♪
Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR