10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

どうして?

この画像に、私も釘付けになった。
どうか、
この↓ブログ↓をひと目ご覧ください。

駝鳥|うちのとらまる

実際そこにいらした、もうーすさんの気持ちやいかに。

ダチョウのこんなにも愛らしい顔。
まるで笑っているみたい。

人間のことを、今の置かれている状況を何も疑っていない、
とても清らかな表情。

廃墟の町をさまようダチョウが、
原発のマスコットだったと知り、
怒りが込み上げてきます。

もしも殺処分するのなら、
利用するだけ利用して、
足手まといだから処分するということを、
関係者や法律や法律を施行する関係機関は認めたということ。

~動物たちの悲劇は過去の戦争時代だけで十分です~

『かわいそうなぞう』の悲劇を、
お国のために殺されたたくさんの犬の悲劇を、
他にもたくさん、、、
日本は今も繰り返すのですか。

お願いです。
まずはこのダチョウだけでも、
命を助けてください。

たった1頭のダチョウを生かして何になると思われますか?

でも私は、
このダチョウの命が助かったら、
次の道も開けるのではないかと思うのです。

そんな願いをどこに伝えたらいいのでしょうか?

もしかして、反対意見が多数出たら、
『殺処分を命令する機関』も例外を認めるのでしょうか?

もしそうなら、
そんな奇跡が起きるなら、
起きて欲しい。

テレビで広く国民に伝えることかもしれない。
関係機関に『殺さないで!』と伝えることかもしれない。
政府省庁に意見を送ることかもしれない。

どうしたらいいのだろう。
私には何ができるだろう。

同じ意見の方、どこかにいませんか。
もしいらしたら、『ダチョウを殺さないで』と、
たくさんの人に伝えてくださいませんか。


ライブラリ - 10196


ランキングに参加しています
もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村



どうもありがとうございます。

スポンサーサイト

Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR