09
1
2
3
5
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
   

クロちゃんからの伝言

4月1日はクロちゃんの命日です。
5回目の春になるね。

ライブラリ - 03847  - バージョン 2

今日はやけにクロちゃんを思い出したよ。
会話にも「クロちゃんがね」「クロちゃんがね」って、
たくさん出てきました。

きっかけは、マウ、たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウン、幸太郎、3ニャンみんな、ピアノの部屋に集まって寝ていたことです。

DSCF1093.jpg
こんな感じで。あまりにもみんな、かわいらしくて。3ニャンそろってこの部屋でくつろぐのは今日が初めて!!

実はこの3ニャン、みんなそろってピアノの練習時間が苦手なんです。
でも、私はピアノを練習したいわけです。
あまり遅くなると近所迷惑になるから練習できなくなります。
練習開始可能時間ギリギリまで3ニャンをそっとしておいたんですけど、
我慢の限界がきて、ピアノ練習を始めたら、
まず、たぬちゃん、続いて幸太郎が、さりげなく、逃げ出して、
最終的に、マウちゃんも部屋を後にしました。

「クロちゃんだけは、うれしそうにピアノを聞いてくれたね」

私と母は、そんな思い出話をしました。

クロちゃんは本当に優しくて、
私がピアノの練習を始めると、
ピアノの部屋にやって来てお休みするんです。

「上手になったねぇ」(実際のところ、全然、そんなことないんですけどね)

って、いつも励ましてくれた、唯一のネコさんです。

ライブラリ - 03872

クロちゃんは、ある日、右前足をぼろぼろにして帰ってきたので、
切断を余儀なくされました。
それでも、最期の最期まで、自力で行きたいところに行き、
自分のことは自分で行っていました。
(↑クロちゃんにとって、無理がない範囲で。
無理なことは私がサポートしますが、
ほとんどサポートした記憶がないのです。)


歯全体が酷い歯槽膿漏で、最終的に全歯抜歯もしました。

あともう少し気づくのが遅れたら致命的なほどの便秘で苦しんだこともありました。

そういう苦しみがたくさんあったけど、
いえ、右前足を切断するまでの生き方が凄まじかったので、
他にもたくさんの苦しみがあったはずだけど、
余生はたいへん穏やかなものでした。

もしもこのブログを読んでいらっしゃる方で、
クロちゃんと同じ苦しみを抱えているネコちゃんがいたら、
(ただし、野良猫としてではなく、人間の家で見守ってもらえる場合に限りますが)

ネコちゃんは致し方ない場合、3本足でも生を全うできること、
致し方ない場合、歯が全部なくてもごはんを食べて生きられること、
便秘はあなどれない恐ろしい症状で、どうしてもウンチが出ないときは、
浣腸をすればウンチが出ること、

致し方ない場合、そうした治療をしたら生きられること、

をクロちゃんからの伝言としてここに書いておきます。


もしよろしければ、
ポチっと応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村


あんまりにもかわいくて今年も2種類のバーナーを貼ってしまいました。
どちらをクリックしても”猫友日めくりカレンダー2016”にジャンプします↓
ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー
スポンサーサイト

クロちゃん幸せでしたね

やはり3ニャンはピアノの練習時間が苦手なんですね。
うちだけではなかったので安心しました。
>練習開始可能時間ギリギリまで3ニャンをそっとしておいたんですけど
そちらの気持ちも同じです、あまりにもスヤスヤ寝ている姿を
そばで見てしまうと私も楽器を躊躇してしまうのです。

クロちゃんは違ったのですね、うちのワンコがそうでした。
ピアノを弾くと必ず私の足元へやってきました。
そんなところも似ています。
クロちゃんは壮絶な猫生を送ってきたのですね、しかし
余生を温かい飼い主さんのお家で看護され過ごすことが
できたのは幸せでしたね。
いのちの重さを感じました、ありがとうございました。

チャコさまへお返事です

そうなんです。いかにも“苦手〜”ってオーラが出るんです(苦笑)。
でも、マウちゃんは、ショパンなら、むしろ積極的に、
「おか〜しゃんの演奏、聴いてあげてもいいわよ」
って感じの時があるんです。

ピアノの蓋の上でのび〜っと横になって聴いてくれます。

もっと上手くなって、マウちゃんに認めてもらえるようになりたいです。

ペグちゃんとクロちゃん、同じですね。
優しいですよね。涙でちゃいます。
動物にも、人間に等しい感情があるし、
”がんばってるね”って励ましてくれる思いやりがあるんですね。
Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR