08
2
3
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

まねっこ茶々丸

茶々丸はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンの後を、
いつも追いかけています。

それは、家の中でも外でも、です。

たぬが庭を通ったら、
茶々丸が通る、

たぬがごはんを食べにきたら、
すかさず茶々丸も食べにきます。
(そして、たぬより先に食べるのが玉にきず。)

DSCF9287.jpg

ある日も、たぬちゃんが新しい休憩場所を見つけると、
すかさず茶々丸も座っています。
(ただ、元々、最初に茶々丸が我が家で落ち着いた場所はココで、
さらに、元々、マウちゃんの夏の避暑地なんですけどね)

全景はこんな感じです。
(暗い画面でお見苦しい点をお詫びします)

DSCF9292.jpg

マウ姫様は、いつもいい子できれいで、
”マウ吸い”をすると、いいにおいで癒されます。

DSCF9420 - バージョン 2

こんな風に、うちの子として落ち着いた子たちは、
今日もとても穏やかに幸せに暮らしています。

でも、外には気になる子が少なからずいます。

先日から、茶々丸に似た子が数ヶ月?
もしかしたら1年ぶりにやってくるようになりました。
生きてるんだ、ということがすごいと思います。
茶々丸そっくりなので、
きょうだいなんじゃないかと思います。

うちでごはんを食べないのに生きてる、
ということは、どういうことなんだろう。

そして、再びうちに現れるのは、
何を意味しているんだろう。

イギリスやドイツのように、
「あれ?」と思う子を救いやすい社会なら、
この胸の苦しみはなくなるのですが。

単独では「あれ?」と思う子を救うのが難しいし、
あの子も、この子も助けるのも難しいです。
“独りだから”というのは理由にならなくて、
仲間がいても、考え方が違っていたりして、
難しいかもしれません。

そもそも、自分の力不足なんです。
そのことは重々、承知しています。
でも、イギリスなどの事例を聞くと、
動物愛護には行政とか団体の力も不可欠だと思います。

自分にできることだけでも、とは思いますが。。。
とにかく、全てのネコさんが、
安心して幸せに暮らせることを心から願ってやみません。


もしよろしければ、
ポチっと応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村



あんまりにもかわいくて今年も2種類のバーナーを貼ってしまいました。
どちらをクリックしても”猫友日めくりカレンダー2016”にジャンプします↓
ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー






スポンサーサイト

Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR