08
2
3
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

それぞれの近況

茶々丸
おとついまで、たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが、
1ニャンで、縄張り争いのケンカをがんばっていても、
応援に行くことなく我が家に引きこもっていた茶々丸君。

昨日から再び、明け方から外出して、
夜帰ってくる生活になりました。

朝〜昼〜夜の間、一体どこで何をしてるんだろう、茶々丸。

今、夜の8時前ですが、たぬ吉の様子を見に行ったら、
茶々丸、いつの間にか帰ってきて、
たぬにくっついて寝てました。

DSCF8199.jpg
写真は少し前に撮ったものです

そうそう、茶々丸はあんまり争いごとが好きじゃないみたい。
平和主義者なのかなって思います。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウン
先日、ピアノの調律(正しくは治療)に来ていただいたのですが、
その調律師さんが、当ブログのたぬ吉が気になるご様子を知りまして、
それならば、と、リアルたぬ吉を見ていただきました。

DSCF8281.jpg

リアルたぬ吉とご対面されて、
開口一言「・・・ほんと、たぬきみたい」でした(笑)。
それから、大きさに驚かれていました。
(今、たぬ吉は8.9キログラムあるので、
ダイエット中です)

そうそう、冒頭にも書きましたけど、
昨日までの数日間、たぬ吉は“縄張り侵入者(←ただし、ネコ)”との縄張り争いで大変そうでした。

侵入者(←ネコ)君、今日は来てないみたい。
たぬ吉みたいに、安心できる家があるといいんだけど。

マウちゃん
この前、「急遽マウと過ごす休日」な日がありました。
つまり、私は人間として、あれとこれをしなくちゃ、
って考えていたんだけど、ソファーにマウちゃんがやってきて、
私の膝の上でスヤスヤ眠り始めたんです。

それからはもう、かわいくてかわいくて。
とてもじゃないけど、人間の都合で、
膝からマウを下ろす気分になれなくて、
ちょうど溜まった録画もたくさんあるし、
そういうのをのんびり見ながらマウを寝かせてあげることにしました。

人間の考える”すべきこと””したいこと”あれこれ、
まぁ、今日じゃなくてもいいか、
と、思考の方向転換をしたわけです。

考えてみれば、日中はあれこれ活動していて、
マウちゃんとゆっくり過ごしてないなぁ。
もしかしたらマウちゃん、いつもこんな風に過ごしたいと思っているのかな。

DSCF8246.jpg

これからは、時々、「マウと過ごす休日」を意識的に作ろう。
マウは私の宝物なのだから。
お互い限られた命なのだから。
一緒に過ごす時間を大切にしないと、ね。


もしよろしければ、
ポチっと応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR