06
1
2
3
4
6
7
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

仲直り、、、できるだろうか

2日前、たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンの帰りが、
とても遅かったのです。

やっと帰って来た(無事でよかった)と思ったら、何か変。
少なくとも、左目がおかしいのです。
目を開けることができないようです。
ちょっと開けると、赤い瞬膜に覆われていて、
眼球が見えません。

少し腫れている気もします。
事故によるケガかケンカによるケガか?

頭から首にかけて、ペケポン引っ掻き傷がたくさんあるので、
ケンカによる傷だと思いました。

翌日、病院に連れて行きました。
先生も「これはいけん」とのことで、
目に麻酔をして検診されました。

目に麻酔をすると、先生が「目がぱかっと開いたで」とのこと。
もしも眼球に爪などが食い込んだ場合、
最悪、眼球を取り出すケースもあるそうです。

昨日の夜の翌朝、というのが幸いしたのか、
目に虫もいない(!!)とのこと。
(おそらく、化膿したままだと虫がわくことがあるのだと思います)
目の傷も浅く(致命的なものはないだろう)とのことでした。

先生が、たぬの歯を見て、
牙がグラグラしているし、歯茎も化膿している、
これは相当いたいはず、
今日抜歯もしておいたほうがいい、
とのことで、麻酔をして抜歯をしました。

今まで、たぬを病院に連れて行っても、
後で体が楽になったのがわかるのか、
私に対する信頼には変わりなかったのですが、、、

今回は、、、完全にたぬの信頼を失ってしまいました。

以前、TNRをした時の麻酔は、
『病院で怖い目にあった』(だけどマウちゃんの家ではやさしくしてもらった)という構図でしたが、

今回、病院で怖い目にあって、ものすごく痛い思いをして、
家に帰ったらケージに閉じ込められ、、、

その後、決定的なことが起こりまして。
たぬがほぼ覚醒した頃、ケージで暴れ、
ケージ内がネコ砂や水でぐじょぐじょになり、
ケージの床を掃除したいのですが、
ケージのドアを開けるとたぬが出てしまうので、
ケージを諦め、部屋の中で待機させることにしたのですが、
たぬは決して軽くない開き戸を自ら開けて脱走したのです。

私はたぬを追いかける。
たぬは家中の出口に向かい、
「ここ、ダメ、あそこ、ダメ、、、」と次々に出口を探し、
とうとう、出られるところを見つけて出て行ってしまいました。

そのとき、私が「たぬ!ダメっ!まだ外に行ったらダメっ!!」
って必死に追いかけたのが最大の誤解を与えてしまいました。

<もしかして、、、この人、ものすごく怖い。
これからも何をされるかわからないし、
もう、信用できない>


と判断したようです。

病院に行って脱走した日の夜、ごはんを食べに来たので、
麻酔の覚醒未満による事故には遭っていなくてほっとしました。

夜から朝にかけて、そっとごはんを食べにくるだけです。

ただし、抗生物質入りのごはんは、
大好物の缶詰なのに一切口にしてくれません。

そして今朝、「にゃぁ、にゃぁ」とたぬがなくので、
外を見るとこんな感じでたたずんでいました。

DSCF2384.jpg

たぬちゃん、たぬちゃん、こっちにおいで。
何を言っても警戒は解けません。

DSCF2386.jpg
左目に注目してください。昨日は全く開けることができなかった目を開けることができるみたいです。

マウは、「おか〜しゃんは悪くない」
(ネコだから凝縮した短いメッセージしかしゃべれません)
と、たぬを諭してくれたけど、
その真意を理解するのは難しいよね。

DSCF2393.jpg

こんな風に、しばらく、隣の家にたたずんでいました。
とにかく、私を避けるので、
目薬をさすことができず、
薬をまぜたごはんも見事に察知して残すので、
抗生物質を与えることもできません。

先生に投薬すると約束したのに申し訳ないです。

実はたった今、たぬのことで続報がある(ケンカの一部始終を目撃した)のですが、
長くなるので今日はここまでにします。

たぬと仲直りできる日は来るのかな?

撮りたてホヤホヤのマウちゃんです。

DSCF2398.jpg

たぬのケンカを目撃していた私の足下で、
マウもカゴから飛び出して、”マウは見た”をしていました。
(マウは今も様子を目撃中です)

DSCF2399.jpg


もしよろしければ、
ポチっと応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村


あんまりにもかわいくて2種類のバーナーを貼ってしまいました。
どちらをクリックしても”猫友日めくりカレンダー2015”にジャンプします。
ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー
スポンサーサイト

Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR