10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

苦節10年

今日の写真は、撮りたてホヤホヤですけど、
背景等が全然素敵じゃありません。

DSCF6757.jpg

今朝、”ガサッ、ガサッ”と音がして、
どこかで聞き覚えがある音だな、、、

そうだ!ネコトイレで砂をかいてる音だ!

そっとネコトイレを見ると、
マウがピョコっと出てきました。

DSCF6760.jpg

「な〜んだ、ネコがネコトイレを使う、
当たり前じゃないか」とお思いでしょう。

けれど、マウは、チビの頃、わざわざ外から、
「おちっこ〜っ!」って帰ってくるほど、
家のネコトイレを使っていたのですが、
しばらくすると、トイレは完全アウトドア派になってしまったのです。

若い頃は、遠くの野原まで行ってトイレをしていたみたいです。
(すご〜く遠くでお取り込み中のマウを見たことがあります)

ここ数年は、我が家のネコの額ほどの庭の、
特製ふわふわリアル土の上でトイレをしているみたいです。
こんな感じです↓
DSCF5220.jpg

それでも、もしかして、雪が積もってリアル土でトイレができなかったり、
雨がひどくて外を歩きたくなかったり、
体の調子が悪くて外に行きたくない日があるかもしれないと、
途中、トイレを用意してない時期もありましたが、
ここ数年は、使ってもらえないトイレを、
ずっと、ずっと、ず〜〜〜っと置いていました。

DSCF6763.jpg

その甲斐がありました。
やっぱり置いていてよかった。

ネコトイレには、小さいまん丸と大きいまん丸2個あったそうです。
2回使ったんですね。
大きいのは私が音に気づいたときのブツです(笑)

考えられるのは、実は昨夜からマウは、
オスのマーキングの臭いがするんです。
昨夜、ものすごい悲鳴をあげていたから、
誰かにおそわれて、そのときにマーキングされたのかもしれません。

その後、たぬ吉たぬコアラ ダークブラウンを見たら、
おでこに新しい傷がいくつかあったので、
その”誰か”と闘ってきたのかもしれません。

その経験があまりにも怖くて、
マウは外に出るのが嫌になって、
でもおちっこしたいし、どうしよう、、、

あ!もちかちたら、”ネコトイレ”を使ってもいいんじゃないかちら。

と、思いついたのかなあ、と思います。

ネコはつくづく、不思議な生き物です。
10年ぶりにネコトイレを認識して、
使い始めることもあるんですね。

このように、気持ちの変化や、体調の変化、、、が考えられますから、
もし、読者の皆さんの中にも、

”今、首輪を嫌がるんですけど”とか、
”ネコトイレを使ってくれないんだけど”
等のお悩みがあるとしたら、
気長に待ってあげてください。

そして、今回のネコトイレのように、
ネコの方から”気が変わったから今日からネコトイレ出してね”
とは言わないので、人間が先回りして用意してあげるような流れを作ってあげてください。

”先回り”のコツは、想像力です。
ネコの気持ちになってみると「あれ」「これ」と、
ひらめくことがあるんじゃないかな、
って思います。

ちなみに、ここが、10年間、ひっそりと用意し続けた、
ネコトイレです。

DSCF6752.jpg



もしよろしければ、
ポチっと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村



あんまりにもかわいくて2種類のバーナーを貼ってしまいました。
どちらをクリックしても”猫友日めくりカレンダー2015”にジャンプします。
ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー
スポンサーサイト

No title

マウちゃん使ってくれてよかったですね。
お家の中の方が落ちついてできると思うよ(笑)
確かクー坊ちゃんも爪とぎを13歳で始めて使いましたよ(^_^;)

クー坊ちゃんさまへお返事です

忘れてなかったんですね、ネコトイレがあるってこと。
ネコちゃんって賢いなあ!

クー坊ちゃん、なんと!!
13歳で爪研ぎデビューですか。
それまで、気長に用意し続けたクー坊ちゃんさん、
さすがです。

これからもお互い、こんな発見をたくさんしたいですね♪
Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR