06
1
2
3
4
6
7
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

マウが落ち着いた方法とは?

前回のブログで、マウが病院から帰ってきて、
病院の先生がおっしゃるところの「怒る」発作が出始めて、
口から泡を吐く、が〜が〜(まるで痛いよ、しんどいよ、と訴えている風に)なく、輸液が脚に落ちてきてバランスが取れなくなって、フラフラして歩いてしまう、、、ことを書きました。

今日は、そんなマウが落ち着くことになった方法について書きます。
〜方法、といっても、全然たいしたことじゃないんです。

私が2階にいると、下からマウが「おか〜しゃん、おか〜しゃん」
って呼ぶのです。
だけど、そのときのマウは2階に上がる気力や元気がなかったと思います。

そうか、今日はマウ、2階に上がりたいけど上がれないって言ってるんだ。

そこで、私が1階で寝ることにしたんです。
急遽、1階のピアノ部屋にソファベッドを置いて、
マウがいつも寝ている布団一式を持って降りて、
他にもマウが安心して過ごせるようにいろいろ工夫して、
ごはんやお水、おやつもすぐそばに用意して。

(*2階にもトイレがあるけれど、マウは1度も使ったことがありません。だから、2階にいると、マウにとって、トイレに行くのも楽じゃないのです。)

寝場所を整えて、マウが新しい雰囲気を気に入ってくれるかな、
作戦は成功するだろうか、と懸念したけれど、
マウはすぐに気に入って、
とってもうれしそうなんです。

まるで子どもがキャンプでいつもと違う感じで寝るのを楽しむように。

それだけでなく、動くのが辛かったマウは、
2階に行かなくても、おか〜しゃんと眠れることや、
トイレがアウトドアなので、トイレに行きやすいこと、
他にも、ネコなりに、1階の方が都合がいい面がたくさんあるのでしょう。
突然できた、ピアノ部屋の寝床で、
私になぜなぜしてもらいながら、
どんどんリラックスして、ぐっすり眠ってくれました。

DSCF3890.jpg マウ、すっかり元気になったよ♪

ただ、問題なのは、たぬ吉たぬコアラのこと、でした。
ここのところ、毎日たぬは1ニャン、生意気にも、ピアノ部屋の、
マウが大好きな長いソファに陣取って寝ていました。
(ピアノ部屋の暖房はしていませんが、電気毛布があるので、
寒くはなかったろうと思います)

たぬは、私とマウが一緒に寝る部屋には、
絶対に入ってきません。

ということは、私とマウがピアノ部屋で寝ていたら、
たぬは遠慮して一緒に寝ないかもしれない。
でも、外はすごく寒いです。
ちょっとかわいそうなことをしてるな、と胸が痛かったのですが、、、

なんだかんだ言って、小さいソファで寝ていました♪

こっち側じゃなくて、

DSCF3880.jpg

こっちの小さいソファの方。

DSCF2575.jpg

マウのために(!)暖房をつけているので、
電気毛布はなくても寒くないだろ?たぬ。
たぬ的には、狭くて小さいところで寝るのは納得できないな〜、
というのが本音でしょうけど、
今まで、マウを蹴散らして広いソファで寝てたあんたが図々しかったの!

そんなわけで、ここ最近、
ピアノ部屋で、私は、ネコ2ニャンと一緒に寝ています。
たぬはほんの数ヶ月前ふらりとやってきたばかりなので、
そういうつい最近まで風来坊だった子も同じ部屋で寝ている、
というのが不思議な感じがするのですが、、、

言えることは、ピアノ部屋の、
かわいくて優しい雰囲気、少なくとも、ここだけは平和なのが、
すごく幸せで、ありがたい気持ちがします。

もしよろしければ、

応援よろしくお願いします♪



にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

No title

なるほど〜!
猫にとって過ごしやすい方法を察知して、
それに合わせてあげるということなのですね〜(^^*

うちのマウは、
何だか玄関に向かってニャンニャンなにか言ってるんですよ。
うちは玄関の隣が寝室で、
マウが鳴くととてもうるさくてベビが起きてしまいます。
ベビが起きるとまた寝るまでに時間が掛かるし、
どちらかを優先すると、
どちらかが不便になってしまってもうしわけないんです(^^;

昨日はマウにリビングにいてもらって、
離れて寝ました。

マウ、実家は好きなんだと思います。
帰る時は抵抗しますし、
怒ったりもして…。

『もっと居たかったのに!』って
言っているんでしょうかね?(^^;

fuwamauさまへお返事です

そうなんですよ!私、記事を書いていて、あまりにも当たり前のことすぎて申し訳ないと思ったのですが、fuwamauさんのお言葉に感動!レポートしてよかったです。

私たちが何気なく過ごしている人間目線じゃなくて「ネコ目線」になってみる、
すると、人間からすれば、こんなことが、とか、あんなことで、って思うことでも、ちょっと「ネコ目線」に合わせて行動したら、ネコは賢いから、リラックスできたり、喜んだり、人間の行動に合わせてくれたりするんですね。

fuwamauさんちのマウちゃん、どうして玄関に向かってニャンニャン言ってるのかな(笑)端からみると、それはすごく面白かわいいですけど、実際のところ困るお気持ちもよくわかります。

たぬがね、早朝でも深夜でも、赤ちゃんみたいな声で「にゃ〜にゃ〜」って、ごはんくださいってなくんです。目が覚めますし、近所にも聞こえるんじゃないかって、、、なかないでよ、たぬって思います。

うちのマウは基本的になかない、静かな子だから、こういう問題はないんだけど、陽気でお茶目な子はおしゃべりなんですよね。

fuwamauさんちのマウちゃんは、玄関に何を感じてしゃべってるんだろう(プププ)。それに、実家が好きで、マーちゃんと遊ぶのも好きだなんて、ほんとうにかわいい。

もしかしたら、マウちゃんは、お友達がたくさんいる方が落ち着く子なのかもしれない。お友達といっても、ネコちゃんね。そしたら、毎日楽しいし、気分が紛れて、夜中玄関に向かってなくことがなくなるかもしれないって感じたんです。

fuwamauさんちのマウちゃんの性格(陽気、お友達好き)に合わせてあげる方法を考えてみるのはどうでしょうか。
Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR