08
2
3
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

リュックが来た!!

今度から、マウはこのキャリーでお出かけするの。

ライブラリ - 20736

こんな風にリュックとして使えるんだって。
背中じゃなくて”お腹”側にマウを抱っこする形になるそうよ。
(もちろん、背中に背負うこともできます)

ライブラリ - 20749

中に入ってみました。
今まで、プラスチックのハードケースだったから、
冷たくて硬い感じだったけど、
布のナチュラルっぽいところが安心できるかもしれないわ。

ライブラリ - 20748

実はね、ある日、マウのおか〜しゃんが、
テレビで、”災難の映像特集”を偶然目にしたんです。
それは、ブラジルで起きた洪水で、
女の人が犬を抱いて逃げ遅れて助けを求めているんです。

女の人は助かったけど、
想像してもわかるように、
濁流の中のロープを握りしめると、
犬を抱き続けることはできません。
犬は濁流に流されてしまったのです。

マウのおか〜しゃんは、ただショックで、
こんな映像、見たくなかった、放映してほしくなかった、
と言ったのですが、マウのおか〜しゃんの婆ばは、
「もしものとき、リュック型のキャリーが必要なのでは?
それがわかったから見て知ってよかったのでは?」
と言ったのがきっかけです。

ライブラリ - 20740

その日から、リュックをいろいろ探してみて、
丈夫でデザイン性がかわいくて、
色(私は目立たない色が希望でした)もいい感じのリュックを見つけて購入しました。

備えあれば憂いなし、
災害だけでなく、これからマウは、
このリュックで病院に行きます。
(マウが外出するとしたら、
病院しかないの)

これからは、診察台に乗せる以外、
いつも密着しているから、
いい感じじゃないかなあ、と思います。
試したい気持ちがちょっぴりあるけれど、、、

でも!病気やケガにならないのが一番です。


ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

☆どうもありがとうございます☆

FC2ランキングはとっても順位が低くなってしまったので、
ブログの簡素化のため、参加するのを止めました。
(けれど、登録はそのままにしてあるので、データは消えません)
今までのご声援に心から感謝しています。


猫友日めくりカレンダー表紙猫友日めくりカレンダー購入コンテンツ
購入フォームはこちら





スポンサーサイト

No title

赤ちゃんも最近は前抱っこが主流ですもんね、
ニャンコもこんな風に前抱っこするのも不思議じゃないですね☆
マウちゃんすっぽりおさまって、
このバッグけっこう大きめですか?
慣れてくれるといいですね!

fuwamauさまにお返事です

そうよね!私もマウを前抱っこすることを意識し始めると、人間の赤ちゃんもそうだって気づきました。

しっかりした造りの前抱っこバックが主流だと思うけれど、案外、私の心をとらえたのは、アフリカの女性が綺麗な色と模様の布で上手にくるりんと赤ちゃんを包んで抱っこしている原始的な姿です。現在の日本では、それは危険って言われるかもしれないけれど、すごくステキだと思うんです。

リュックね、確かに大きい気がするんですけど、ネコちゃんが中に入ると、体重5キロならぎりぎりなんです。これくらいないと、ずっとお座り状態になって、伏せて対機できないかもしれません。

でも、fuwamauさんちのマウちゃんには大きめだと思います。中でゴロンゴロンしてしまって居心地悪いかもしれないし、ゆとりがあっていいかもしれないし、あんまりにも居心地悪そうなら小さなクッションで空間を狭めるのもいいかもね。

造りがものすごくしっかりしているから、ごつくみえるのね(笑)でも、そのしっかりしたところが、いざというとき安心って感じるリュックです。

大人しい子だったら、”しろいねこ”でおなじみのすえこちゃんが病院に通ってたときの袋がおしゃれでかわいいです。(もう、すえこちゃんは虹の橋の向こうだけど、”しろいねこ”で検索したら今でも見れると思います)

fuwamauさんも、リュックデビューしませんか?

No title

このリュックはクー坊ちゃんと色もお揃いです!
私も背中ではなく前にしょってます。

クー坊ちゃんさまへお返事です

あら!まあ!!うれしい一致です。
私とマウは正式デビューしてないのですが、使い心地はどうですか?

やっぱり、なぜか前にしょいたくなりますよね♪

マウを移動させるときは車がメインなんですけど、もし自転車だったら、背中にしょってびゅんびゅん走るだろうな、私、なんて、想像をふくらましています。
Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR