10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ねこと木のために

今日、何気なくふとんを干したりしていたら、
とってもショックなことに気づいた。

ライブラリ - 20660

これは、この前の金曜日に撮影した写真。
マウの視線の向こうに木があるでしょう?
あれは柿の木なんです。
その柿の木が切り倒されていたのです。

今年の秋も、柿の実をたくさんつけていました。
もう何十年も、もしかしたら半世紀近く生きてきた柿の木です。

十年前くらい、真夜中、『スパッ!!!』と、
ものすごい切断音がした、何か変な夢でも見たか、
と思って、翌朝ふと、柿の木を見たら、
自ら余分な太い幹を切断し、
恐らく老体が楽になったのでしょう。
再び毎年、豊かな緑の葉と柿の実で、
私の目を楽しませてくれました。
(木はものすごく賢いのです。
ネコと同じように)

ライブラリ - 17803 

これは2013年4月22日に柿の木を撮影したもの。
若葉に混じって、山鳩の夫婦が仲睦まじく羽を休めていました。
ほんの、今年の春のことです。

この木は、時々、スズメの集団が遊びに来たり、
他にも、いろんな野鳥の止まり木になっていました。

ライブラリ - 18317

この写真の左端の緑豊かな木が、
今回切り倒された柿の木です。
この写真は、2013年5月16日に撮影しました。

マウは若い頃、タタ〜って柿の木に走って行って、
そのまま木登りしたり。

柿の木は、ネコたちの爪研ぎの木でもありました。

隣家のことなので、
今までも、そして今も、そこにある(あった)のを見ているだけで、
何もすることができませんし、
何も言うことができません。

隣家には隣家なりの理由があるのでしょう。

けれど、どうして日本人は、
木をこれほどまでに簡単に切り倒すのでしょうか。


木を切り倒して畑にするのかもしれません。
畑にすることで、人間の作物は得ることができても、
畑だらけになると、野鳥は遊びに来てくれなくなります。

私は植物の専門家ではないので、
間違っているかもしれませんが、
木の恩恵はものすごく大きいと思います。

光合成の量(二酸化炭素を吸収し、酸素を作り出します)
野鳥の止まり木
目に美しい緑
暑い日は日陰を作ってくれる
木があることで、土が守られ、雑草が生える、土が豊かになる、昆虫が生きる、、、小さな生態系が生まれる
(木がなかったら、人間は簡単に、コンクリートで覆ったり、、、するでしょう?)

木は何も言わないから、
木は大きくて邪魔だから、
人間の都合で、簡単に切り倒されます。
昨今では、落ち葉でクレームがくるからと、
落ち葉として自然に落ちる前に、
人間によって、枝をバサバサ伐採されます。
どれほど無念なことかと思います。

木は、何年も、何年もかけて、大きく育ちます。
木がこの世からなくなった後で、
人間が慌てても手遅れなんです。
そういう、ゆっくりと成長し、
地球に、酸素という大きな恩恵を与えるのが木なのです。

木の中には、ピアノやギター、家の原材料として、
命を提供してくれるものもたくさんあります。

せめて、私たち一人一人が、
身の回りの木を、もっと大切に、
守っていく世の中にならないと。


「木が切られる」という噂が立ったら、
「守ろう」という運動が勝る世の中にならないと。

簡単に切り倒すのではなくて、
補強するとか、安全策を万全にするとか、
活かす(生かす)方法を模索する世の中にならないと。

先日、TBSのドラマ『時計屋の娘』でも、
まさしく、樹齢何百年のケヤキの木を守ろう、
というエピソードがありました。
「あれはドラマだから」じゃなくて、
実際に、言葉がしゃべれない木の代弁者になってあげないと。

私は、今日から、
このブログを、ネコと木を守る祈りと願いを込めて書きます。

なぜ、ネコと木なんですか?
他にも守るものはあるでしょう?

確かにそうです。

でも、ネコと木を守れば、
自ずと、他のものも守れるんです。

ネコと木は、土を大切にします。
雑草を大切にします。
地球にとって正しいことをわかっている存在だから、
彼らを守ることは地球環境にも優しいことにつながる、
私はそう思うのです。

今日から、木を守ることを、
もっと真剣に考えていきたいと思います。

ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

☆どうもありがとうございます☆

FC2ランキングはとっても順位が低くなってしまったので、
ブログの簡素化のため、参加するのを止めました。
(けれど、登録はそのままにしてあるので、データは消えません)
今までのご声援に心から感謝しています。


猫友日めくりカレンダー表紙猫友日めくりカレンダー購入コンテンツ
購入フォームはこちら









スポンサーサイト

Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR