05
1
3
4
5
6
7
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
23
25
26
27
28
29
30
31
   

たぬ吉たぬコアラ君のTNR その後

どこからともなく現れた、たぬ吉たぬコアラ君のTNRのその後です。
(TNRとは、Trap 捕獲して Neuter 不妊手術をして Return 元に戻す ことです)

まずは、マウや今は亡きクロちゃんでお世話になっている、
動物病院の先生に心からの感謝しています。

少し前に、私がTNRをしたい野良猫がいることを相談したら、
1も2もなく連れてきなさい、とおっしゃってくださったこと。

先生がTNRに対してご理解があり、
たぬ吉たぬコアラ君を迎えに行った時の対話から、
先生が全ての命を助ける行動は尊いと思っていらっしゃるお気持ちを再確認しました。

動物病院は命を助けるためにありますが、
野良猫をどこまで治療してくれるか、については、
さまざまな理由から、動物病院によって異なりますし、
先生が心底応援してくださっているか、
しかたなく、できる範囲で対応してくださるか、
の違いは大きいと私は思うのです。


病院では、虫下しの処置もしていただきました。
最近は、ノミダニ薬のように、
皮膚から吸収して虫を下す薬があるのですね。

膿み臭さ(膿なの?とにかく何だか異様に臭い)の原因については、
顔にケンカ傷があるのでそのせいかもしれないし、
歯が悪いからかもしれない、
(今回は血液検査まではしていません)
(実は、うちに来た時から上の牙が1本ありません)

ということでした。

そして、現在7.5キログラムあるので、
(初めて現れた頃はスリムでした)
将来病気になる可能性が高いから、
ダイエットした方がいい、とのことでした。
(それはありがたいです。ニャンゲル係数が跳ね上がっていますから)

ちなみに、診察台の上で洗濯ネットに入れたまま処方しましたが、
人間に牙をむいたり、咬んだりすることなく、
とてもいい子にしていました。

ライブラリ - 20449 これはまだニャンタマがあった頃の写真です。暗いところや、ゴチャっとした所にいることが多いので、いい写真がなかなか取れません。

* * *
家に帰ると、「TNRすべきかどうか」悩んでいたことが的中したと思いました。
ケージ+洗濯ネットから解放すると、
(母が目撃したことには)人間の方を鋭く一瞥(いちべつ)して、
外に逃げていきました。

ーーーもうここには帰ってこないかもしれない

と思いました。

その後、夕方と夜にごはんだけ食べに来ました。
夜は抗生物質を細かくくだいてウエットに混ぜたもの(先生のアドバイス)も食べてくれたので一安心しました。

夜は、ここ最近寝床にしていたケージで寝ることはありませんでした。
空っぽのケージを見ていると、

ーーーもう二度と、ここでは寝ないのかもしれない

と思いました。

当たり前ですよね。
たぬ吉たぬコアラは、何かがあって、私の家にたどりつきました。
そこでごはんをもらい、寝床も見つけました。
もしかしたら、この人間は信用できるかもしれない、
そう思っていた人間に、
捕獲され、病院に連れて行かれ、大切なニャンタマを去勢され、
痛い、怖い、情けない思いを強いられたのですから。

翌日、早朝、ごはんを食べに来たそうですが、
お昼過ぎまで姿を現しません。
私は、たぬ、ごめんね。
怖い、辛い、痛い思いをさせてごめんね、
と思いつつ、ごはんを食べに来ないかなあ、と待っていました。

ふと外を見ると、居間から小道を歩くたぬ吉が見えて、
小さい声で「たぬ、たぬ」と呼ぶと、振り返りました。
(ネコってものすごく耳がいい!)
その直後、ごはんを食べに来たので、
昨日、辛い思いをさせてごめんという気持ちで、
おいしいウエット(抗生物質入り)とカリカリを与え、
話しかけたり、食べるのを見守ったりしました。
食べ終わったら、そそくさと出ていきました。

それから、夕方、夜と、ごはんは食べに来て、
(ただし、ダイエットしなければならないので、
少なめ、小分けにしました)

いろいろ話かけたら、いちいち「にゃぁ」と返事をして、
香座りをして、ちょっぴりくつろいだ風でもありましたが、
家に長居をしようという風ではありませんでした。

夜、ケージに湯たんぽを入れて、
いつでも帰ってきていいようにしておきました。

午前0時ごろ、ケージを見たら、
たぬ吉が寝ていて、ほっとしました。
(湯たんぽは使ってなかったけれど。
気づいてないのかな。)


たぬ吉は、ニャンタマが痛いし、なくなったじゃないか!
と思いつつも、マウの家がいい、と判断したのだと思います。

ところで!
とっても驚いたことに、
昨日まであんなに”得体の知れない臭いニオイ”がしていたのに、
今日は全然臭くないのです。

手術には抗生物質を投与しますよね?
家でも薬を飲ませていますが、それが効いたのか、

それとも、ニオイの原因はノミダニ、おなかの中の虫で、
それらを駆除したから臭わなくなったのか、

そのどちらか、もしくは両方のおかげかもしれません。

私のTNRは、完璧ではありません。
まだ問題は残されています。

けれど、家に入って寝るなら、少なくとも、
ノミダニ、よからぬ虫は持ち入れてほしくありませんでした。
それはネコ本人にとってもよくないことでもあります。

さまざまな悩みを抱えながらTNRを実行しましたが、
病院に連れていくこと、
それだけは正しい選択だったと確信する出来事でした。

〜マウは今日もとっても元気です♪
ライブラリ - 20441


ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

☆どうもありがとうございます☆

FC2ランキングはとっても順位が低くなってしまったので、
ブログの簡素化のため、参加するのを止めました。
(けれど、登録はそのままにしてあるので、データは消えません)
今までのご声援に心から感謝しています。


猫友日めくりカレンダー表紙猫友日めくりカレンダー購入コンテンツ
購入フォームはこちら





スポンサーサイト

お疲れさまでした

maukoronさんもタヌさんもお疲れさまでした。
TNRは悩みますよね。
本当にこれでいいのかどうか・・・。
私は現在のところ、人間がたくさんいるところで猫と共存していく良い方法が見つからないので仕方ないと考えています。
(猫は完全に野生ってことはまずないから、人間がいるところにいるからなぁ・・・)

ところでタヌくんの匂い、口臭じゃありませんか?
歯が悪いととっても臭くなりますもの。
牙がないのでそこからばい菌が入っていたのかな?

そしてタヌ君が寝に戻って来てくれて良かったです。
「へんなところに連れて行かれて恐かったけど、
あれから体調もいいし、やっぱりあそこは安心できるとこだニャ」と思ってくれたのかな?

タヌくんのこれからのダイエットを見守りたいと思います♪

EKKAさまへお返事です

そうなんですよね、たぬ吉君、お疲れさまでした、ですよね。
TNRはこれからもブログで掘り下げようと思うのですが、
EKKAさんが書いていらっしゃるように、
人間中心社会であること、
不幸極まりない猫生のネコをゼロにするためには、
するしかない、ような気がします。

たぬ吉のニオイね、消えたんです。
今は全く臭くないの。
寝床も今までは一晩寝たら臭くて変なもの、
いっぱいついてたのに、きれいなんです。

確かに歯は悪い(!)
先生と確かめたから、この目で見たから断言。

でも、病院から帰るとニオイが消えた、
寝床が汚れなくなった、ことから、
今までの異様なニオイの大きな原因が歯のせい、
とも言えないんですよね。。。

たぬは頭がいいから、
1晩、頭を冷やして、いろいろ考えて、
”ぼくを苦しめるためにしたんじゃないんだ”って、
わかったんだなあ、と思います。

〜それにしても、ダイエット、大変だよ〜!!
Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR