05
1
3
4
5
6
7
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
23
25
26
27
28
29
30
31
   

寝床は自分で見つける(*^-^)b

昨年のことになりますか。
私は、もしかしたらTNR(捕獲して不妊して元に戻す)を
しなければならないと思うことがありました。

けれども、捕獲器って、、、
私の場合、殺すわけじゃないけれど(殺すために使う人も買うのよね?)
捕獲後、恐怖を感じさせるのがためらわれる、、、
という理由から、捕獲器を買うことにものすごく抵抗を感じました。

小さなケージでも代用できる
(中でごはんを食べているときにそっと扉を閉じることができれば)
と聞いて、それならまだ抵抗を感じないと思い、
インターネットでケージを買ったところ、、、

とてつもなく大きなケージでした(汗)。

あまりに大きすぎて、
ネコがマウのごはんの残りを食べに来る部屋に置けないので、
『ナーシングルームを作ろう!』と思いつきました。

つまり、もしかして捕獲したネコちゃんが妊娠していたりしたら、
ナーシングルームで保護する、という風に。

昔、クロちゃんが右前脚切断を余儀なくされたとき、
適切なケージがなくて苦労しました。
マウがネコケンカで傷の切開をしたときも、
適切なケージがなかったために、施術後、家に帰ると、
痛さと恐ろしさで隠れてしまったことがあったのですが、
家出して2度と帰ってこないのではないかと大騒ぎになったこともありました。

ナーシングルームがあれば、
何が起こっても安心だし、
使う必要がなければ、それはそれで幸い、
そんな風に考えていました。

そんなこんなで、準備が整った頃、
マウが、「ここに女の子は来ちゃだめ!!」と激怒して、
三毛猫ちゃんを追い払ったので、
ナーシングルームはその後1年間、
ただ、そこにあるだけ、の存在でした。

ところが。。。

ライブラリ - 20309

どうやら、たぬ吉たぬコアラが寝室に使っているのです。
近寄ると警戒するので、遠くから、望遠で、わかりにくいですが。

ライブラリ - 20310

実は、このナーシングルーム(ケージ)、
マウは絶対に中に入りません。
私が「マウが気に入ったら使ってもいいよ」と、
中に入れたことはありますが、

よからぬ予感

を感じる目をして、すぐに出ます。

マウは、
<これは”檻”でしょ?ここに閉じ込められるのなんてまっぴらよ>
と思っているのです。

けれども、たぬ吉たぬコアラは、
毎晩、夜になると、たらふくごはんをねだって、
そっと、ケージに入って寝るのが日課になっています。

不思議です。
どうしてケージに抵抗を感じないのでしょうか。

もちろん、私が近寄ると警戒します。
けれど、”ケージ”を”ベッド”として認識しているのが不思議なんです。

もしかして、どこか家がある(あった)のかな。
そこでは、ケージで暮らしたことがあったのかな。
捨てられたのかな。
それとも、自分から”よりよい場所”を探して旅に出たのかな。

あんまりにもいい子して寝ているし、
もともと、ネコのためのケージだから、寝るのはOKだし、、、
なんとも心根がいとおしくて、
”安心して寝ときんしゃい”と思ってしまいます。

そうそう、昼間は不在なのですが、
1日中雨が降って寒い日は、お昼間も静かに寝ていました。

うちのマウちゃんは、正反対の性格で、
毎日、毎分、毎秒、寝る場所が変わります(笑)。
いつも堂々、ぬくぬく、寝ています。

ライブラリ - 20303


ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

☆どうもありがとうございます☆

FC2ランキングはとっても順位が低くなってしまったので、
ブログの簡素化のため、参加するのを止めました。
(けれど、登録はそのままにしてあるので、データは消えません)
今までのご声援に心から感謝しています。


猫友日めくりカレンダー表紙猫友日めくりカレンダー購入コンテンツ
購入フォームはこちら





スポンサーサイト

Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR