05
1
3
4
5
6
7
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
23
25
26
27
28
29
30
31
   

マウはいろいろたいへん!!その2

実は、マウだけじゃなく、
マウのおか〜しゃん(私のこと)も、
次から次へと大変(悩み多し)なんですけど(´д`lll)

不思議なことに、
毎朝、ここ↓にいるのが最近のマイブームのマウちゃんです。

ライブラリ - 20357

それもそのはず。
見張らなければならない気がするのでしょう。

昨日の朝、マウが、ドスがきいた声で叫んでいました。
男の子に追いかけられた悲鳴とは違います。
”女の子が来たんだ”と直感しました。

見に行くと、マウは、小さな黒猫ちゃんと対峙していました。
体つきからして女の子だし、、、
これは(いろいろな意味で)悩ましいことになると思いました。

実は、1週間くらい前の早朝、かわいいネコちゃんの声がして、
その子はフラリとうちの台所に入ってきたそうです。
母の目撃証言では、黒い小さな可愛いネコちゃんで、
ちょうど、たぬ吉たぬコアラ(誰?と思った方はコチラ→☆)
と出くわして、
黒猫ちゃんはびっくりして、1mくらい飛び上がって、
外に出ていった、ということがありました。

〜その時のネコちゃんだろうか〜

ああ、悩ましい。
本当に悩ましい。。。どうしよう。。。

ところが、黒猫ちゃんをよく見ると、
きれいな紫色×ピンクの首輪をしていました。

よかった(*´∀`)
家があるんだ。可愛がられているんだ。
お散歩してただけなんだ。
ひとまず安心しつつ、
やはり、捕獲するのが怖いけれど、
たぬ吉たぬコアラを早く去勢しないと、という新たな悩みが。
(でも、やっぱり捕獲が怖い)

ライブラリ - 20361

うちでは、歴代のネコたちは、
ネコたちの判断で一緒に暮らしたり、
残念だけど家では暮らせなかったりします。
私たち人間の意見ではなく、
ネコの意見を尊重しています。

マウは、女の子が敷地に入るのを絶対に許しません。
1年くらい前、かわいい三毛猫ちゃんがごはんを食べに来るようになりました。
私は、その子は女の子に違いないから、
なんとか捕獲して避妊したり、、、しようと、
ナーシングルームを作ったりしていました。
(このことは、あらためてブログに書きます)

けれど、そんなある日の深夜、
マウのドスがきいたものすごいおたけびが聞こえたので、
声がする方へ出ていくと、

マウが絶対に渡らない車道があり、
そこがマウの縄張りの境界線なのですが、
そこの所で、

「あなたは、、、あなたは絶対ここに来ちゃダメ〜〜〜っヽ( )`ε´( )ノ 」

って、必死の形相で追い払っているのです。
(その日から、その三毛猫ちゃんは来なくなりました。)

そのとき、マウは女の子はマウしか許さない子なんだ、と確信しました。

ネコと人間にはそれぞれ、いろいろな関係があるけれど、
私にとって、マウにとって、信じてもらえないかもしれないけれど、
お互いが特別なんです。
出会った時から、、、なんの違和感もなく、
出会うのが運命だったから出会えたし、
首尾よく出会うことができてよかった、と思うほどに。
ネコを区別したり、差別するつもりではなくて、
そういうことではなくて、私にとって、マウは特別な宝物なんです。

ですから、うちでは、マウの気持ちが最優先なんです。

心を鬼にして、今は女の子の里親にならないようにしていますし、
基本的に、男の子も私は里親になるのは難しいです。

一方で、男の子は、比較的マウの許容範囲がゆるいです。
少々気に入らなくても、マウの邪魔をしなければ、
”勝手に居候すれば〜”という感じです。

もしかしたら、縄張りを守ってくれるからいいわ、
ってなもんで、win-winの関係を築いているのかもしれません。

ですから、今、私は、里親という、積極的なネコの受け入れはできないけれど、
今も昔も、”この家に住むネコはネコが決めている”のです。

長くなるから今日はこれ以上説明しませんし、
異論、反論、お叱りはあると思うのですが、
我が家では、ネコがネコを選び、
そのためには、熾烈な争いもあり、

一方で私は、全てのネコを救うことはできないけれど、
自分にできることだけは、逃げたり、放置せず、
がんばりたい、と思っているのです。

ライブラリ - 20358

*そうそう、マウと黒猫ちゃんが対峙しているとき、
たぬ吉たぬコアラは、普段だったら、男の子が来ようものなら、
”おんどりゃ〜〜!!”って血気盛んなのに、
きょとんとして傍観してるんです。

さしずめ<どっちを応援しようかな。
どっちも可愛いから選べないや。>というような表情を浮かべていました。



ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

☆どうもありがとうございます☆

FC2ランキングはとっても順位が低くなってしまったので、
ブログの簡素化のため、参加するのを止めました。
(けれど、登録はそのままにしてあるので、データは消えません)
今までのご声援に心から感謝しています。


猫友日めくりカレンダー表紙猫友日めくりカレンダー購入コンテンツ
購入フォームはこちら




スポンサーサイト

No title

へぇ〜、マウちゃん女の子はダメなんですね。
不思議ぃ〜!
それにしても本当にmaukoronさんのお家にはニャンコがたくさん来るんですね!
地域的にもともと猫さんが多いのかな??

前回記事の実家猫は、そうです、マーちゃん♂のことです(^^*
マウちゃんと同じ、身がぎっしり詰まってます(^^;
うちのマウはフニャフニャふわふわなのでその違いにビックリです(汗
シャンプーしても見た目殆ど変わらないです(^^;

Re: fuwamauさまにお返事です

1度や2度じゃなかったから、絶対女の子はダメなんだと思うんです。
マウなりに、何か価値観か危機感があるのでしょうね。

最近はネコさんはめっきり減ったけれど、
それでも、マウonlyになることがないんです。
不思議です。

わかるぅ〜〜!!
マーちゃんの中身がぎっしり詰まってる感じ( ´艸`)
うちに来ると、ほとんどのネコちゃんは中身がぎっしり詰まります(ナハハ)。
fuwamauさんちのマウちゃんは華奢なんですね。
壊れそう。。。想像しただけでも、か・わ・い・い・なあ!!
Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR