04
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
   

運命の出会い〜第2章(ひとまず完)〜

<前回のブログの続きです>
さて、小さいカルカンとろみ缶詰1缶をぺろりと食べたマウちゃん。
その前に、私が「宇宙に舞うと書いて舞宇(マウ)」と名づけたので、

かしこまって、あらたまって、

「マウと申します。今日からお世話になります。どうぞよろしくお願いします。」

と、きちんと挨拶をしました。
(この辺り、ネコ大好きさんにはわかっていただけることかと思います)

マウ本人は落ち着いたのですが、
私には少なくとも2つ、心配な事が浮上しました。

1つ目は、クロちゃんのこと。
クロちゃんは、もともと野良ネコちゃん。
当時、いろんな別のネコちゃんがやってきたけれど、
その頃、「とうとうこの家はオイラだけの家になった。くぅ〜♪」という雰囲気でした。
クロちゃんは、とっても真っすぐで、本当に、本当にいい奴ですが、
体がぼろぼろになっても体当たりしてケンカして縄張りを守る、
泣く子も黙るネコちゃんでした。
だから、マウを見て、どう思うだろうか。。。

小1時間経って、クロちゃんが、上機嫌「ふふふ〜ん♪」という感じで帰ってきました。

マウを見て、一瞬、「ゲッ!!」というか「ギョッ!!」という顔をしたけれど、
「女きゃ、子どもきゃ、ならいいよ」と許してくれました。

マウもすかさず、
「マウと申します。今日からお世話になります。どうぞよろしくお願いします」
と、クロちゃんに挨拶しました。

そういうわけで、1つ目の懸念はクリア。
ライブラリ - 19862今は亡きクロちゃんとチビまう。クロちゃんのことは、クロ兄さんと呼んで、一目置いて尊敬していました。

次の懸念は、父の存在です。

父は、先代のポメラニアンのミック・ジャガー君、
実は我が家とのご縁第一号のネコ、ミケラン君、
この2匹だけはネコ可愛がりしていたのですが、
基本的に動物に対し同情とか温情を示しません。
クロちゃんにも全く同情を示さず、
私たちの保護育成を<意に反するが仕方なく黙認>という感じでした。

現に、私の当時の日記で、<私は不幸な存在を救えない。情けない。>
と書いていたのは、マウに会う一週間前、
市内の大規模な公園で、キャンプのお手伝いをしていたとき、
明らかに人慣れした女の子のネコが捨てられていて、
数日後、そのネコを仮に保護している方から、
<このネコの里親になってほしい>と打診されたのです。

その時、<言語道断>と聞く耳さえ持たず却下命令を下したのが父です。
だから、マウに出会う前後、自分が不幸なネコ1匹救えないことを、
いろんな人にも、当のネコちゃんにも、心から申し訳なく思っていたのです。

そんな父だから、普通に考えたら、マウを許すわけがない。

けれど、不思議と、今までの「どうしよう」という激しい不安はありませんでした。
却下されても育てるという決心がそうさせたのか、、、でも、でも!!
今考えても、何度も繰り返しますが、”決心”というような大それたものなどなかったのです。

ただ、”マウと出会い、マウと暮らす”ことが、
当たり前の、自然な、ずっと前からそうなると決まっていたことのように感じていた

そのことが、一切の不安や懸念を取り払っていたのではないかと思います。

父が仕事から帰って来て、いつもなら私、いろんな言い訳を重ねて説得するとことですが、
「このチビちゃんが外にいて、拾ったから、、、(育てることにした)」
程度の話をしただけで、
父も<ふむ>という感じで、それ以上何も言いませんでした。

実はその後、マウはすぐに父のたいへん気に入るところとなり、
はっきり言ってマウを溺愛しています。
実の娘(私のこと)など、生意気でかわいげがないので、
マウの方がよっぽどかわいくてしかたない状態です。

ちなみに、マウは、父には、あいさつしなかった、気がします(笑)


こんな感じで、最初の1日が終わります。

マウは缶詰を完食してから、数年は全く声が出なかったし、
(口パクしかできない)
今も変な声しか出ません(本当はかわいい声が出るのに、
お茶目だから、わざと変な声を出します)。

私が保護するまで、よっぽど不安で恐怖で悲しくて辛くて、
それが一挙に解消されて、極度の不安と安心感の狭間で、
声が出なくなったのだと思います。

独りさまよっていたマウの気持ちを思うと、
本当に、本当に、可哀想でなりません。

私が来るまで、よくぞ無事でいてくれた、
出会えてよかった、心の底からそう思います。

マウはおりこうで、好奇心旺盛、ヤンチャ娘だったので、
完全箱入り娘にするのも失敗してしまいました。
ライブラリ - 19861 初めて外に出た頃のマウ。私が止めても、クロ兄さんについて行くんだって聞かなくて、、、箱入り娘にできませんでした。でも、クロちゃんが、ちゃんと「ここまでしかついて来たらダメだ」と教えてくれたし、マウ自身もおりこうで、決して車道には出ないので、今日まで無事でいてくれています。

けれど、幸いなことに、10年目を迎えて、
今日も無事、元気、お茶目、おりこうさん、で暮らしています。

これからも、時々、チビまうの思い出を思い出したら、
ブログに書こうと思います。

長い長いお話。
ご清読をありがとうございましたm(._.*)mm(._.*)m


ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

☆どうもありがとうございます☆

FC2ランキングはとっても順位が低くなってしまったので、
ブログの簡素化のため、参加するのを止めました。
(けれど、登録はそのままにしてあるので、データは消えません)
今までのご声援に心から感謝しています。


猫友日めくりカレンダー表紙猫友日めくりカレンダー購入コンテンツ
購入フォームはこちら

スポンサーサイト

No title

やっとPCを開いたから、読めた♪
未だにガラケーだから、携帯からは来れないの。

マウちゃん、小さくて可愛い。
けれど、それ以上に、クロちゃん♪♪♪
久しぶりに会えて、うれしかった。
素敵なお兄ちゃんと巡り合えて、よかったねマウちゃん。
やっぱり猫の方が人や家を選んでると思う、私。

マリママさまへお返事です

うれしい♪マリママさん、コメントをありがとう。
そして、クロちゃんをいつまでも愛してくださって、
とってもうれしいです。

今でも、毎日のように、母とクロちゃん、クロゴー君のことを話します。クロちゃんはほんとに素敵な兄さん、クロゴー君は、弟分でした(笑)。

ネコちゃんが家を選べるって、とっても幸せなことよね。
ネコちゃんに選んでもらえるって、とってもありがたいことよね♪

No title

記事はちゃんと読んでいたんですけど、
きちんとコメントを書きたかったので、
時間が経ってしまいすみませんでした(^^;

ちびマウちゃん、ちゃーんとご挨拶して、
お家に入れてもらったんですね!
あんなに小さくてもきちんと猫の社会があって、
縦の関係で繋がってるなんて、不思議ですね!
それに、お外に出たマウちゃんが今日までちゃんと車道に出ず、
怪我もなく元気でいるのも、
クロちゃんが色んなことをきちんと
教えてくれたからなんでしょうね〜。

マウちゃん、お声が出なかったのですね…
生きる為に、必死で声を振り絞って助けを呼んだのだと思います。
maukoronさんがマウちゃんを見つけてくれて本当に本当に良かった!

fuwamauさまにお返事です

いつもコメントをどうもありがとう♪
ちびマウはすごいと思うの。
今も昔も。
知能指数高すぎだと思うよ。
猫東大(しかも女子で!)に入れるって思ってます。
(親バカ!!)

ネコちゃんたちは、いろんなことを教え合ったり、
意志の伝達をしてると思わずにいられません。
クロちゃんは本当に優れたお兄さんでした。

マウに会えて、本当に、本当によかったです。

そしてそれは、fuwamauさんとマウちゃんも同じね♪
運命を感じます。
Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR