10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

テレビの取材を見て

今日はテレビで見た福島の動物たちの取材についてブログに書きます。
もし、ご覧になった方には内容を思い出していただくために、
もし、見る機会がなかった方には取材の内容を知っていただくために、
お役に立てれば幸いです。

どちらも番組名は『ひるおび』です。
ちょっと文面が長いです。
また、某猫ちゃんSNSで私の日記に書いたことと重複します。
ライブラリ - 6852
《その1*田代島の猫》
今日のお昼(6月8日のこと)のテレビ番組『ひるおび』で田代島のネコの取材が放送されました。

印象的だったのは、地元のおじいさんが、
「(ねこは)逃げ足速かったぁ。
みんなそろって、山の上さ逃げただ。
(人間よりも速かったか?と聞かれ)
あぁ、あいづら、脚が4本もあるだで、
速い、速い。」
みたいなお話をされたことです。

だから、ネコちゃんたちは生き残れたんだなあと思いました。

もちろん、悲しい現実もありました。
ネコ神様にお祈りしている人たちに訳を聞いたら、
「さっき、瓦礫を片付けてたら、
ネコちゃんの亡骸があったで、
こうして供養してるんです」
とのことでした。

他にも、いつもお世話になっているおばあさんが転んで困っていると、逃げたはずのネコちゃんが戻って来て、おばあさんが起き上がって避難するまで、心配そうにそばで見守ってくれていた、というお話や、、、

電柱に登って難を逃れたおじいさんと、津波に飲み込まれそうになったその奥さんは、つくづく、日頃ネコちゃんの世話をしているから、命が助かったのは、ネコちゃんの恩返しに違いねぇ、とおっしゃっているお話などがありました。

ねこ太郎さんも紹介されていましたが、牡蠣の養殖の復興を目指す『ニャンコ ザ プロジェクト』もがんばっていらっしゃいました。”ネコの手も借りたいというよりも、ここはネコと一緒に復興に向けてがんばりたい”とのことでした。

以上、テレビの取材報告でした☆
ライブラリ - 6857
《その2*石巻動物救護センター》
今日のお昼(6月10日のこと)も『ひるおび』では、福島の動物たちについての取材が放送されました。

時々、私の記憶が間違っていることがあるので、もし違う点があったら、ご面倒ですが教えてください。特に、取材団体名を間違えている、というような重大ミスをしていなければいいなと思います。

今日は確か、『石巻動物救護センター』を取材していたと思います。

こちらのセンターは、獣医さんが率先して活動を牽引してくださっているので、動物を預ける側としても、保護された動物たちとしても、ものすごく心強いことと想像します。

獣医師阿部先生の奥様は、犬のトレーナーをされているそうです。今問題になっているのが、普段吠えないワンちゃんでさえ、避難生活のストレスで吠えてしまうことだそうです。阿部先生の奥様が依頼を受けて訓練すると、吠えないワンちゃんになって帰ってきます。こうした活動を必要な限り続けたいとおっしゃっていました。

また、震災に見舞われた頃、ワンちゃんと一緒に避難して、不安そうなご様子で撮影された女性が、最近心に少し余裕ができたので、恩返しがしたいと、現在センターでボランティアをしていらっしゃる場面がありましたが、まだいろいろと大変でしょうに、とても素晴らしい支援の輪が広がっていることに心がじ~んときました。

センターでは今、人手不足と義援金が少なくなることについて不安を抱えていらっしゃるそうです。ゴールデンウイークの頃はボランティアがたくさんいたけれど、最近はぐんとその数が減ってきています。義援金も、震災から時間が経つにつれ、少なくなっている傾向が見られるそうです。

とはいえ、センターは、日本全国からの善意の物資や義援金、ボランティアの皆さんのご協力のおかげで今日も運営できていることに感謝しています、とのことでした。

私もすぐに、というわけにはいきませんが、毎月1団体か2団体、ほんの少しでも義援金や救援物資を送るといったお手伝いをしていきたいと思います。

以上、テレビの取材報告でした☆
ライブラリ - 6853

*今日の写真は2010年12月23日撮影です。

ランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします



こちら↓NEW↓エントリーしました♪
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

どうもありがとうございますヾ(*'-'*)
スポンサーサイト

Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR