06
1
2
3
4
6
7
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

わたしたちがすべきこと

どうしてネコだけが
ひどい虐待を受けて苦しむの?

どうして「ゴミステーションが荒らされて困る」
という会話の中に、「ネコが」「ネコが」って言われるの?

ライブラリ - 18818 LOVE〜彼らに必要なもの〜


虐待に関しては、
1人でもたくさんの人に見て、
知ってもらいたい記事をまとめたブログがあります↓
(一部、残酷な写真があります。
けれど、目をそらしてはいけない現実です。)


【要注意】次はあなたの番かも「京都で全国で、次から次へと犠牲になり続ける猫たち|豆柴 お嬢にゾッコン」

アニマルポリスが必要です。
まず1つ、誕生してほしい。
(上記の記事の中に「京都から日本初のアニマルポリスを!署名のお願い」杉本彩さんのブログのリンクがあります。どうか署名と拡散をお願いします。)



次に、ゴミを荒らす、というと「ノラネコが」
と言われてしまいますが、
私は「野良猫だけが」というのは誤解だと思います。

私の家に風来坊のようにやって来た、
歴代のネコちゃんたちを観察すると、
彼ら、彼女らは、ネコちゃんごはんをもらえる場所を知っています。
(または、こっそり残りごはんを食べられる場所を)

そして、外ネコは、ネズミなどを捕食することもあると思います。

だから、”激しく”ゴミをあさるのは、
ネコだけではありませんし、
ネコは案外あさってないと思います。

ゴミを”激しく”あさるのは、
タヌキ、アライグマなど、野生動物でもあるのです。

だけど、新興住宅地に野生動物?
そんなバカな。
見たことがない、
ということで、

ときどき、町中をちょろちょろっと歩くネコちゃんのせいに違いない、
と、人間は思い込んでいます。

でも、実際、野生動物は夜、
市街地でも活動しているのです。

野生動物は害獣で
ネコは守るべき、
と言いたいのではありません。

野生動物も必死で生きています!

ただ、身の回りの、動物がしたであろう、
人間にとって不快なことを、
全て、野良猫のせいと連想してしまう誤解を解きたいです。

そもそも、
地球は人間だけのものじゃないのです。

うちのマウは、自由に家と外を行き来できる、
最後の世代なのかなあ、と思うと、
切なくなります。

ライブラリ - 10174 外でのんびりするネコちゃんたち。地球は人間だけのものじゃないです

虐待にしろ、
”荒らし”の容疑者と言えば”猫、カラス”と、
人々がまず連想するのも、
猫とカラスは、
人間の間近で活動する、
あまりにも身近すぎる存在だからだと思います。

とにかく、アニマルポリス、
そして、イギリスやドイツのような、
殺処分のない動物保護制度の1日も早い確立を望みます。


そうすれば、
工事現場の片隅で子育てする野良猫ちゃんも、
雨や雪の中、寒さと淋しさに震えて眠る野良猫ちゃんも、
本当は家があるんだけど、
家出をしてしまって、帰り道がわからなくなったネコちゃんも、、、

見つけた人が、気兼ねなく、
相談したり、動物たちを保護してくれる場所に連れて行ったりできるからです。

ライブラリ - 10229

私たち、一人一人が、
本気になれば、
叶いそうもない夢が叶うのではないでしょうか。



ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

☆どうもありがとうございます☆

FC2ランキングはとっても順位が低くなってしまったので、
ブログの簡素化のため、参加するのを止めました。
(けれど、登録はそのままにしてあるので、データは消えません)
今までのご声援に心から感謝しています。





猫友日めくりカレンダー表紙猫友日めくりカレンダー購入コンテンツ
購入フォームはこちら



スポンサーサイト

No title

うん、猫はゴミを荒らさないと思う、荒らせないよね多分。
犬やカラスや熊やアライグマなど等。猫が一番標的にされやすいのかもですね。猫は警戒心が強いし臆病だし。

とにかく動物に対しての虐待がなくなりますように。
最後まで家族として暮らしてくれますように。
祈ります。

森のどんくさ猫さんさまへお返事です

確かに、ものすごく飢えているとか、大胆なネコちゃんで、荒らす子もいるかもしれないけど、でも、人々は口々に、「ネコとカラスが」って言うよね。

言うってことは、頭の中に、「ネコはゴミをあさったりするから困る」ってインプットされてるのよね。

そうやって、悪者にされている感じが可哀想。

森を自由に闊歩している花ちゃん、小太郎君は、とびきり幸せなニャンコだね。
Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR