05
1
3
4
5
6
7
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
23
25
26
27
28
29
30
31
   

LOVE & Peace

マウには♡マークの模様がある。
マウは神様が、
たくさん愛してもらえるように、と、
♡マークの模様をいただいて、
この世に生まれてきたんだと思う。

ライブラリ - 17682

昨日、広島市は雨がたくさん降って、
昼間でもとても寒かった。

中国新聞本社で開かれているという、
犬猫みなしご救援隊の、
福島第一原発被災動物保護活動の写真展『鼓動』を
見に行く途中、
広島平和公園を横切った。

それは別に意図したわけではなく、
単に道順の一部にすぎなかった。

けれど、目の前に、
消えずの炎『平和の灯』が見えて、
大勢の人が、寒い中、傘をさして見つめているのを横切り、
それとは対照的に静かな、
誰もいない木々が美しい芝生の上で、
雨が降っていても元気に仲良く、
ごはんを食べてる鳩たちが愛おしくて、
そうした全てによって、胸がいっぱいになった。

ライブラリ - 17683

会場に着いても相変わらず、
寒くて、冷たくて、
お客さんは誰もいなくて、
写真展会場で写真を見ていたら、
涙があふれてきた。

〜道をさまよう牛たち。
 この後、ほとんどの牛たちが殺処分された〜


そんな説明文も悲しかった。

広島も苦しんだ。
福島も苦しんでいる。

冷たい雨が、
ほんの微細ではあるけれど、
その苦しみの一部を教えてくれる。

今夜も冷え込んでいるけれど、
マウは神様から愛の♡マークを授かっているので、
お気に入りのソファーの上で、
お気に入りの毛糸の膝掛にくるまって、
ストーブの前で、ぬくぬく眠ってる。

マウは、可哀想な動物たちにも、
愛と穏やかさを分けてあげたいそうです。

マウはとっても優しくて、
愛にあふれたネコちゃんです。

ライブラリ - 17681

*今週の土曜日は、写真展会場で、
犬猫みなしご救援隊の方のお話や、
子どもたちの演劇があるそうです。
(ポスターに書いてあった情報です)

犬猫みなしご救援隊のHPのトップページの真ん中あたりにある、
ブログも、1人でも多くの方に読んでいただきたいです。


ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

☆どうもありがとうございます☆

FC2ランキングはとっても順位が低くなってしまったので、
ブログの簡素化のため、参加するのを止めました。
(けれど、登録はそのままにしてあるので、データは消えません)
今までのご声援に心から感謝しています。


*.*.*: 姉妹ブログもよろしくね *.*.*:

ピアノがお好きな方へ
calico catの♪ぴあの♪音楽帖



スポンサーサイト

Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR