06
1
2
3
4
6
7
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

おねがいがあるの

信じられない。
ライブラリ - 4731
米袋に入れられて、捨てられていたネコちゃんのことを知った。
ライブラリ - 4724
幸い、子猫たちは心ある方々に保護していただきました。
今、里親になってくださる方を募集していらっしゃいます。
ライブラリ - 4716
マウのおねがいは、こういう無責任なことを、
しないでほしいということ。

あなたがゴミ袋に入れられて、
捨てられたら、どんな気がする?

「誰かが見つけて何とかしてくれるかも」って?

そんなの甘い。考えが甘すぎる。

それとも「そのまんまゴミと一緒に捨てられても関係ない」って?

そんな考え、許せない。

いつから日本人は、こんなにも無責任になったの?
いえ、残念なことだけど、昔からよく聞く。
いろんなところで聞いたことがある。
中には、本当に可哀想で、拾った人と一緒に泣いたこともある。

過去のことはもういい。

これからは、こういうことをしない日本になってほしい。
それが、マウとmaukoronのおねがい。

*詳しい内容はこちら↓で*
猫うららとぼやっき~


*今日の写真は、2010年6月24日撮影です。


ランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします



こちら↓NEW↓エントリーしました♪
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

どうもありがとうございますヾ(*'-'*)
スポンサーサイト

No title

ご縁があることを願ってますm(_ _)m
大切な命だよね

猫ママさまへお返事です

助けられて本当によかったです。
今度は、育ての親がみつかりますように、ですね。
みんなで子猫たちの幸せを祈りましょう。

初めまして

我が家のミュウもごみ袋に入れられ、ごみ箱に捨てられていました。
救出した時は酸欠で声もでませんでしたが、兄弟もみな良い人のところにご縁があって、今は幸せに暮らしています。
なぜそんなことができるのか、理解できませんが、人だけでなく動物にも優しい国であってほしいですね。
子猫ちゃんに良いご縁がありますように。

betipaさまへお返事です

コメントをありがとうございます。ミュウちゃんもゴミ袋に。。。どれほど辛くて怖かったことでしょう。兄弟全員、良い人とご縁があって、本当によかったです。betipaさん、ミュウちゃんを救ってくださって、ありがとうございます。

心から祈りましょう。
子猫ちゃんたちが幸せになりますように。

betipaさんのブログをリンクさせていただきました。
(ワンニャン、みんな、幸せそうですね!)
もしご迷惑であれば、お手数ですが、お知らせいただければ幸いです。

捨てないで命

こんにちは 少しだけお留守をしていたら こんな事件簿があったのですね。
だいぶ前の事ですが 同じような事がありました。
息子が中学生の時、下校の帰り道にスーパーのビニール袋に子猫が5匹入れられてたのを発見。我が家では飼えないと知りつつも 息子お持ち帰りに、きゃは~ 戻しなさいなんて言えず、奮闘したことがあります。このお話は長くなりますので・・・でも無事里親さんが見つかりました。


チャコさまへお返事です

ビニール袋だなんて、酷すぎます。息ができないでしょう?もう、、、どうしたらこんなことがなくなるのでしょうか。

さすがチャコさんの息子さん!お持ち帰り、偉い!立派です。
後先は何とかなる、とにかく今この命を救わないと、
そんな風に感じられる感性にお育てになられたんですね。

私が子どもだったら、、、息子さんと同じことはできず、
「ごめんね」って諦めたかもしれません。

またいつか、その長い話を聞かせてください。

その節は、助けてくださって、本当にありがとうございました、
(と、息子さんにお伝えください)

No title

あらためまして、
こちらにも!初コメしますね^^
リンクと、そして、
貴重なページを本当にありがとうございますm(_ _)m
我孫子@K子にもお知らせしました!
本当に、この仔猫ちゃんたちも幸せになって欲しいと願います!

うらりんさまへお返事です

こちらにもコメントをどうもありがとう♪
私にできることがあって、
とっても大切なメッセージを、
私のブログに載せることができて、
こちらこそ、お礼の気持ちでいっぱいです。

心から祈っています。
私のブログを読んでくださった方の祈りもあります。
だから絶対に、チビニャンたちは、幸せになります!

ありがとうございます

はじめましてv-22

なんとか捨て猫にゃん達の里親さん、決まりました!

私も、捨て猫保護し、里親を探している時は、
正直「本当は捨てた人が里親探しするべきなのに!」とか、
「子猫が生まれて困って捨てるなら飼い猫を去勢させないのはなぜ?」
怒りのような。。
悲しいような。。なんともいえない思いにかられました。

でも、
今はしあわせをつかんだ4にゃん達。。

頑張って里親探しをして良かったと思います。
ホッとひと安心しました。。

ブログに取り上げていただいてありがとうございましたv-411

Kです我孫子より。。さまへお返事です

こちらこそ、はじめまして。

本当に!?
こんなに早く、みんな里親が見つかったんですか?
すごい!すごい!!!!

酷い人がいるけれど、
捨てたもんじゃないぞ、日本。

私こそ、救われた気持ちがしますし、
日本の未来に希望が持てます。

本当によかったですねe-68

4ニャンを助けてくださった全ての皆さんに、
心から感謝します。
Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR