10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

クリスマスイブだね

お陰さまで、病院で治療をしていただいてから、
いつものマウに戻って、
一緒に寝てくれたり、
一緒に遊んだりして、
毎日を過ごしています。

元気なマウちゃんがいてくれるだけで、
それだけで、
毎日楽しいし、
本当にうれしいです。

ライブラリ - 15076

今日はクリスマスイブです。

私は無宗教なのですが、
『イザヤ書』の中に、
不思議な文言を見つけました。

『「聖書 新共同訳」 イザヤ書Copyright:日本聖書協会』
(↑クリックすると引用したサイトにジャンプします)

<ISA 11:06の部分から文言を引用します>

狼は小羊と共に宿り
豹は子山羊と共に伏す。子牛は若獅子と共に育ち
小さい子供がそれらを導く。
牛も熊も共に草をはみ
その子らは共に伏し
獅子も牛もひとしく干し草を食らう。

不思議な文言です。

聖書は、私のような信者ではないものが、
勝手に解釈していいはずはありません。

けれど、”正しい解釈”とは全く関係なく、
私がこの文言に感じたことを素直に言えば、
安心感や穏やかさ、です。

もちろん、自然界では、
弱肉強食だから、狼が羊と仲良く眠れるわけがないけれど、

もしも(知恵のある)人間だけでも、
動物たちの命を奪ったり、
動物たちの生活を脅かさなかったら、
とても安らかな世界が広がるのに。


聖書の正しい解釈とは異なるけれど、
クリスマスイブに七面鳥を焼くイメージしかなかった私は、
今まで、クリスマスと命の犠牲は切ってもきれない関係にあると、
諦めに似た気持ちがありましたが、

なんとなく、この文言は、
”人間のために命を犠牲にしてもらいましょう”という考えではなく、
”強いもののために、弱いものの命を奪わなければ、
安らなか世界になる”という意味にも取れるわけで、
人類ベジタリアンの道にもつながるのではないか、

と、小さな希望を見つけました。

それを導く”小さい子どもら”とは、
一体、誰のことでしょうね。

”小さい子どもら”がいるとすれば、
個体の大小に関わらず、
”声なきがゆえに小さい存在”もあると思います。

ライブラリ - 15078

何が言いたいのかと言いますと、
私はお肉を食べなくなって久しいです。

今年、はじめて、
スーパーの新聞広告の、
クリスマスディナーの中身が”痛い”と感じました。

美味しいチキンを!
特別な夜だから高級和牛を!

大きな広告一面が、お肉料理ばかりだったからです。

私のようなことを言うと、
「せっかくのクリスマスの楽しい雰囲気が台無しだ!」
「楽しいクリスマスに、センチメンタルな主義主張をするな!」
「押し付けるな、バカやろう!!」
と厳しい批判が出てくると思います。

それでも、あえて言います。
(何も言わなかったら、
何も始まらないからです)

私は、お肉のないクリスマスイブとクリスマスを過ごすけれど、

〜と言うよりも、いつもと変わらない食事をするけれど〜

心はおだやかです。
心安らかです。


お肉を食べないから楽しくない、
楽しみもない、
ということは全くありません。

たった1人でも、
いつか、こんな気持ちがわかってくれる人が増えたらいいな、
と思います。

〜楽しいクリスマスに、
水をさしてごめんなさい〜

ライブラリ - 15079

最後に、今夜はとうとう、
雪が積もっています。

家のない、困っている動物たちにも、
いつか、暖かくて、
安心して暮らせる家がみつかりますように。


ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

☆どうもありがとうございます☆

FC2ランキングはとっても順位が低くなってしまったので、
ブログの簡素化のため、参加するのを止めました。
(けれど、登録はそのままにしてあるので、データは消えません)
今までのご声援に心から感謝しています。


*.*.*: 姉妹ブログもよろしくね *.*.*:

ピアノがお好きな方へ
calico catの♪ぴあの♪音楽帖
スポンサーサイト

Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR