08
2
3
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

うたのはなし

土曜日の夜、NHKの番組SONGSを見ました。
出演者は、さだまさしさんでした。

ラスト2曲を聞いていて、
非常に個人的な、
勝手な思い込み
なのですが、

『あなたへ』という曲は、今は天使になったクロちゃんの曲で、
『いのちの理由』という曲は、マウのメッセージだ!

と思い、胸がじ〜〜んとしました。

(歌は人それぞれ、
感じ方、受け止め方が異なります)


ライブラリ - 03949↑クロちゃん

歌詞をはっきりと覚えていないけれど、
『あなたへ』という曲は、

〜あなたは、人知れず、辛い目にあったり、
悲しい思いをしてきたでしょう。

そんな素振りは見せないけれど。

そんなあなたを支えたいのです〜


というような歌だったと思います。

それ、クロちゃんだ。
野良時代、どれほど辛い目にあっただろう。

脚を切断するほどの瀕死の重症を負った日も、
一体どうやって私の家まで帰って来たんだろう。
「痛いよぉ、痛いよぉ」ってないて帰ってきたのに、
私をひと目見ると、
ぴたりと泣き止んで、傷を隠したね。

「なんでもないよ。
オレ、平気だよ。」

って言ったよね。
私に余計な心配をさせたくなかったんだと思う。
何があったのかも最期まで言わなかったよね。
(正しくは、ネコだから、
言いたくても言えないんだけど。)

だから『あなたへ』という曲は、
私のクロちゃんへの気持ちを代弁してくれている気がしました。

ライブラリ - 08415ご存知、マウちゃん

『いのちの理由』という曲は、
まず最初に、
♪私が生まれてきた理由は、
父と母に出会うため♪
(引用、ママ)

から始まったと思います。
その後、さださんの、思いつく限りの、
”私が生まれてきた理由”が繰り返されます。

きっと、自分がお墓に入る頃になって、
「父と母」が歌の最初にある意味を、
深く深く納得するのでしょうけど、
どれもこれも、”私の理由はそうじゃないなぁ”
と思いながら聞いていました。

すると、
これはもしかして、
「マウ」が

「あのね、おか〜さん、
私がこの世に生まれてきた理由はね」

って言ってるのだ、と思いました。

「あのね、おか〜さん、
私が生まれてきた理由はね、
おか〜さんに出会うためなの。

おか〜さんのことを、
ずっとずっと見守ってるから。
応援してるからね」

さださんは、歌うたいだから、

>自分には歌を歌うことしかできないけれど

と歌い上げていて、
さしずめマウは、

「自分は、そばで丸くなって眠ったり、
お腹出して眠ったり、
クゥ、クゥって寝息たてながら眠ることしかできないけれど」
(寝てばっかり!)

と言うのではないかと思います。

とにかく、そういうことが頭に浮かんできて、
思わず涙ぐんでしまいました。
(もはや箸が転んでも笑う年頃は遠い昔、
わけもなく涙腺がゆるむ今日この頃)

ライブラリ - 09166
↑クロちゃんじゃないよ、クロゴー君だよ。
ハチワレ部分が深くてヘルメット系なのがクロゴー君の特徴です。クロゴー君も今は天使になっています

クロちゃんとマウの歌しかないの?
ってことになるので、
クロゴー君について考えてみると、

クロゴー君にとって、
私の家は愛人宅(だけど入り浸り状態)で、
私に勝るとも劣らない愛情を注がれた本家がありましたし、
他にも大人から子どもまで、
人間の知り合いがたくさんいて、
とりわけ子どもが大好きだったので、

私にだけの特別な思い、というよりも、
たくさんの人間を愛し、
たくさんの人間に愛されたネコちゃんだから、
歌という範疇では収まりきれないかもしれません。

そんなわけで、
自称テレビッ子の私が書くブログは、
テレビネタが多くて恐縮ですが、
実際に歌を聴いて確かめてみたい、
と思われる方は、
9月6日深夜の再放送か、
もしくは、10月6日(土)の第1夜、第2夜連続放送で観れますよ。

ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2ランキングはとっても順位が低くなってしまったので、
ブログの簡素化のため、参加するのを止めました。
(けれど、登録はそのままにしてあるので、データは消えません)
今までのご声援に心から感謝しています。

どうもありがとうございます。

*.*.*: 姉妹ブログもよろしくね *.*.*:

ピアノがお好きな方へ
calico catの♪ぴあの♪音楽帖

猫友日めくりカレンダー表紙猫友日めくりカレンダー購入コンテンツ
購入フォームはこちら





スポンサーサイト

No title

私も見ました!母がさださんのファンなので♪
コンサートも行ったことあります。
人柄がにじみ出ていて素敵ですよね。
ニャンズにもあてはまることありますよね。

junsabuchoさまへお返事です

私のお友だちも、
”母がさださんのファンなの”と言います(笑)
junsabuchoさんと同じ流れなんですよ。
”母とコンサートに行って、
最初は《さだまさし?ふ〜ん》って思ってたのに、
すごく感動して、それ以来、母娘ともどもファン”
と言ってました。

さださんの、時代とかに翻弄されない、
それでいて今ともしっかりつながっている歌の世界、
おしゃべりもおもしろいし、
時々聞きたくなりますね。

やっぱり、ニャンズにも当てはまります、よね(笑)
Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR