10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

果てしなく遠いけど

今は、虹の橋の住民クロゴー君、
君の男前な写真を見つけたよ。

ライブラリ - 08006

この前、図書館に行ったら、
受付の方が、
私がつけているアクセサリー、象牙ですか?って言われたので、
まず、そんな高価なものは身につけませんし、
動物を傷つけるアクセサリーが流通してはいけません、
近頃は、プラスチックなどの素材の進化と、
デザインで、いくらでも、イミテーションなのに素敵なのが作れます
ね、

というお話から始まって、

毛皮もダメです、と私が言ったら、
でも、この前、骨董市でたっくさん売ってあったわよ、
それにロシアとか、毛皮がないと生きられないって現状もあるじゃない、

と言われたので、
生活に必要な分、できる限り残酷ではない方法なら仕方ないですが、
パリコレみたいなもののためにはいらないと思います、

というお話に至り、

ついには、私はお肉は食べません、と言ったら、

「それは何かの宗教のせい?」

と言われました。

ライブラリ - 07998

お肉を食べない=何か特別な宗教

という図式があることを、
久しぶりに思い起こさせるできごとでした。

なぜ短絡的にそう思われてしまうのか、
恐らく、

生まれつき、お肉を受けつけない体質の人は別として、

お肉から作られる料理は美味しいのに、
それを食べないでいられるには、
何か精神的な制約がある”から”できる、

それほどまでに、何か難しいことと、
一般的に思われているせいかな、と思いました。

私は、「宗教が理由ではなく、動物たちを苦しめたくないのが理由です
と答えました。

すると、「人は人だから。人に強制してはだめよ。」

「お肉、美味しいのにねぇ」
とおっしゃるけど、

素直にうなずけないんですよね(笑)
できればみんながお肉を食べなくなればいいな、
って思います、と私。

受付の方は、ますます困惑した何ともいえない微笑みを浮かべて、
「今日は貴重な、珍しいお話をありがとうございました」
とおっしゃいました。

最後まで平行線をたどったけれど、
自分の意見を率直に伝えてくださる人ってありがたい、
と思いました。

だってもし、私がお肉食べないと言うのを聞いて、
心の中で「変わった人」「何かの宗教?」etc...
いろいろ思い浮かんでも、
表面的には、「そうなんだ、へぇ~」でおしまい、という選択肢もあるわけで、
そんな当たり障りのない対話が一番つまらないと思うから。

まとめます。
私がお肉を食べないのは
健康的な生活のためでも、
宗教の制約でも、、、
なんでもなく、
シンプルに、動物たちを苦しめたくないからです。

お肉(できればお魚も)食べない生活をすることは、
そんなに難しいことではありません。

難しいと感じるのは、
習慣のせいだと思います。
お肉を食べて美味しいと思ってきた習慣を断ち切ることが難しいのだと思います。

私は、と言えば、もうお肉を食べなくていい、
とわかった時に味わった、心に広がる喜びを今でも忘れることができません。

<おまけ>
あくびシリーズ、マウちゃんの場合

ライブラリ - 07991

ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2ランキングはとっても順位が低くなってしまったので、
ブログの簡素化のため、参加するのを止めました。
(けれど、登録はそのままにしてあるので、データは消えません)
今までのご声援に心から感謝しています。

どうもありがとうございます。


猫友日めくりカレンダー表紙猫友日めくりカレンダー購入コンテンツ
購入フォームはこちら



スポンサーサイト

癒されにまいりました

ご訪問いただき、ありがとうございます。

猫カフェに立ち寄るような感覚で、読ませていただいています。
チョクチョク癒されに来ます。
更新、楽しみにしてます。

ウッチーさまへお返事です

嬉しいお言葉です!
うちのマウ娘のブログが猫カフェのような存在になれると知って。

内容が、、、
時々「食肉反対!毛皮反対!動物実験反対!その他もろもろ」とだんだん過激になってきたので、そこのところ、どうだろう、、、
と迷うこともしばしばです。

私もウッチーさんのブログに遊びに行きます。
リンクさせていただきます。
(ご迷惑であればお知らせいただけるとありがたいです)

これからもよろしくお願いします。

No title

クロゴー君、かっちょいいよ♪マウタン・・・・大きい口だ(笑)ね。

人は自分一人だけだと自分のことは見えない。
相手がいて初めて、自分のことが見えるじゃないですか。
色々あるけど、あり難いって思いますね。

森のどんくさ猫さまへお返事です

クロゴー君、ほんと、りりしくていい男だったね。
性格もかわいくて、、、
いつまでも思い出してしまいます。

図書館の受付の方、
ご自分の意見をしっかり持っていらっしゃって、
簡単には引き下がりません。

でも、それはありがたいこと。

無関心とか、話し合えないことの方が残念なこと、
なんですね。

No title

リンク、どうもありがとうございます。
私も、maukoronさんのブログ、
リンク貼らせていただきました。
よろしくお願いします。

個人的な思想について、私はここで議論する気はないので、
その辺はご安心下さいv-218

ウッチーさまへお返事です

こちらこそリンクしていただきまして、
ありがとうございました。

コメントの後半部分のことも、、、
了解です。

ご配慮ありがとうございます。
Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR