10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ポメ君

ライブラリ - 07682

あれ?マウの家にワンちゃんが来たの!?

と驚かれた方も多いと思います。
今日は、マウのおかあさんが、
マウが家に来るずっと前に、
大切にしていたポメラニアンの、
ミック・ジャガー君を、マウが紹介します。

ライブラリ - 05000

ミック君は今から13年くらい前に、
突然家からいなくなりました。

そのときミック君は15才くらいだったでしょうか。
白内障と癲癇と認知症を患っていました。

1週間くらい、市内を一生懸命探したり、
新聞の”犬を探しています”の欄で呼びかけたけれど、
見つけることができませんでした。

突然の、あまりにも悲しい別れでした。

ミック君、最期まで見守ってあげられなくて、
本当に、本当にごめんね。

今ご縁があるネコちゃんに比べても、
私が忙しくて、家にいないことがほとんどで、
淋しい思いをさせて、申し訳ない気持ちで一杯です。

そういえば、ミック君は時々、
ネコと間違われていたそうです。
(突然、マウがしゃべっています)


ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2ランキングはとっても順位が低くなってしまったので、
ブログの簡素化のため、参加するのを止めました。
(けれど、登録はそのままにしてあるので、データは消えません)
今までのご声援に心から感謝しています。

どうもありがとうございます。

スポンサーサイト

No title

あぁ・・・・・それはとても悲しい別れでしたね(TT)
なんと言っていいか・
心の奥にしまっておいても、突然出てきたり。
どうか天国で「大丈夫だよ おかーさん」と言ってくれている、そう信じたいです。
安らかであれ。

森のどんくさ猫さまへお返事です

本当に、、、まさか、え?
どうしてどこにもいないの!?
という別れでした。

とってもおりこうさんで、
それまで一度も家出をしたことがないのに。

ミック君に対しては、
淋しい思いをさせたと、後悔ばかりです。

ミック君を失って、
失意のどん底になって、
ほんの3ヶ月後くらいに、
”ネコの素晴らしさ”に目覚める(つまり、ミケランという男の子に出会う)ことになるんですよ。

それまで、私、犬は好きだったけど、
ネコのことは何とも思ってなかったんですよ。

No title

EKKAのうちにもわんこがずっといたんです。
ぺるさん、さとる君、純ちゃん、瑤(よう)ちゃん、ちゅうちゃん、あごじろちゃん。最後まで残った瑤ちゃんはやはり認知症になってました。
ご飯食べたのに、「食べてないよー」って泣いてたり、
私のことをわからなくてワンワン吠えてから、ハッと気付いてシュンとしたり。足腰が弱って尻餅つきながら歩いてました。
私が仕事で福岡に行っているときに危篤になって、次の日に帰って羽田から電話をしたら、今、逝ってしまったよって。
私がもうすぐ帰ってくるとというと目を開けて頑張ってくれていたってあとから聞きました。

自分の事ばかり話してごめんなさい。
ミック君、おうちの帰り方がわからなくなっちゃったんでしょうね。
お別れの仕方が寂しかったですね。
でも今は橋の向こうで、またおかーさんと会えるまで
元気に走り回ってると思います。

私も前は犬ばっかり好きだったのに、
猫が周りにくるようになったら猫が大好きになっちゃいました。

EKKAさまにお返事です

EKKAさん、たくさんのワンちゃんと暮らしてたんですね。
初めて知りました。

自分のことばっかり、話して、いいよ。
私はそれが、とても嬉しかったです。
EKKAさんのワンちゃんとのストーリー、
瑶ちゃんのことがメインだけど、
全員のストーリーを感じました。

それどころか、
全員のストーリーを、
いつか聞きたいなあ、
とまで、思いました。

瑶ちゃんがEKKAさんに会うまで頑張ろうとしたことも、
すごくわかる気がしました。

私のそばで旅立ったネコたちがそうだったから。
そばにいても、1分でも、1秒でも、私と一緒にいようと頑張ってくれた姿を知っているから。

そばにいてもいなくても、
心は通じているからね。

瑶ちゃんはEKKAさんに出会えて、
とても幸せだったよ。

それにしてもネコちゃんって不思議だね。
私も犬が好きでした。
インコちゃんとか、他の動物も好きだけど、
ネコのこと、何とも思っていませんでした。

それなのに、ね!
ネコの素晴らしさに気づくと、
好きで好きでたまらなくなっちゃうのよね。
Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR