08
2
3
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

マウは元気だよ(+動物の尊厳を守ろう)

夜、パソコンに向かうと、
マウが膝に乗ってきて、
ゴロゴロ言いながら眠る、、、

そんな日が多いので、
かわいくて仕方ないんだけど、
キーボードが使いにくいです。
(今夜も右手だけでインプットしています)

今日も動物の尊厳を守るためのお願いです。
もしできれば署名をお願いします。
さらに可能であれば、
周りの方にも情報を伝えてください。

ライブラリ - 10799

《その1》
『「民間団体による被災ペットの保護を目的とした福島第一原子力発電所にかかる警戒区域内への立ち入り」再開を求める要望書
  ↑クリックすると記事『LYSTA~動物たちに光と再生を。』にジャンプします  

もしも、要望書に共感してくださって署名をしよう、
と思われる方は、1月22日までに郵送してください。
(要望書の下の方に書いてある注意書きをよく読んで署名しましょう。
せっかく送ったのに無効になると残念だから)

《その2》
日本にも毛皮飼育場があるなんて。
そこで動物たちは、狭い、不衛生な檻に閉じ込められ、生まれてから1年以内で殺されるそうです。(ブログ『毛皮はいらない』の署名要望書からの抜粋です)

この『毛皮はいらない』のブログを知ったきっかけのメルマガには(ごめんなさい。データを消してしまって、今ここでそのメルマガを紹介することができません。後日わかれば追ってご連絡します)、毛皮の為に犠牲になる動物たちの映像を見て、ショックを隠せない人々のコメントが紹介されていました。

氷の世界で生きる民族が毛皮を必要とすることまで否定するつもりはありません。それに、そうした民族が、惨たらしいやり方で毛皮を作るでしょうか。彼らは、食糧のために狩猟し、一切無駄に捨てないでしょうし、捕獲量も必要な分だけなのだと想像します。

けれど、お洒落のための毛皮に使われる動物たちは、生まれてからずっと悲惨な状態で暮らし、美しくフワフワした高級な毛皮を作るために、酷い最期を迎えるのだと、ブログなどの情報から理解しています。

そこまでして、私たちは、
お洒落のために、毛皮製品を身につける必要があるでしょうか。

以前にも毛皮をやめよう、というブログを書きましたが、
今一度、『毛皮はいらない』という主旨のブログのリンクを貼ります。
     ↑クリックするとHPにジャンプします
1人でも多くの方の署名が集まって、
悲惨な現状がなくなることを、
そんな奇跡を信じています。

また、ブログ『どうぶつたちの気持ち』さんで、
       ↑クリックすると記事にジャンプします
上記のような不幸な動物たちについての現状、情報を得るきっかけを与えていただいています。

ライブラリ - 10796

今日何気なくチャンネルを変えたら、
何かのテレビ番組で、
(多分)アフリカで、決死の河渡りをしている動物たちの映像が流れました。
特筆すべきは、河の激流に流される動物を、
サイがレスキューしていたのです。

サイは1頭ではなくて、
もしものために、更にもう1頭待機していました。

偶然この光景を映像に収めた人のコメントによると、
このサイは1日中、こうして流される動物たちを助け、
無事、対岸まで運んでいたそうです。

動物だって、感情があるんです。
困っている動物を、種に関係なく助ける気持ちと行動力もあるんです。

だから、絶対に、絶対に、酷い形で動物の命を奪わないでほしいのです。
彼らも痛いし、悲しいし、辛いんです。
私たちと同じなんです。

マウは今日も元気です!
おやつばっかり欲しがって、
おやつばっかり食べるので、
どうしたもんだろう、と悩んでいます。



ランキングに参加しています
もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2ランキングはとっても順位が低くなってしまったので、
ブログの簡素化のため、参加するのを止めました。
(けれど、登録はそのままにしてあるので、データは消えません)
今までのご声援に心から感謝しています。

どうもありがとうございます。

スポンサーサイト

こんばんは。

いつも記事を読んでいただき
ありがとうございます。

マウちゃん、邪魔そうだけど
カワイイですね(^^)

右手だけで打ち込む・・・・・・・
大変です(^^)


友(どうぶつたちの気持ち)さまへお返事です

私のブログを訪れてくださって、
その上コメントまで、ありがとうございます。

友さんに、サイのエピソードをお伝えしたかったんです。
友さんなら、私が感じた思いをわかっていただけると思って。

心からお礼申し上げます。

マウちゃんには、
マウなりに時間割とか、
「おか~さんが夜パソコンしてるときは、
お膝に座る」という自分なりのルールがあるみたい(笑)

そんな、小さい体で、
毎日楽しく暮らしているマウ、
とってもいとおしいです。
Secret

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR