05
1
3
4
5
6
7
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今日はクロゴー君の命日

今日はクロゴー君の命日です。
(クロゴー君の詳しいことは、
右側のバーの下の方の、『カテゴリ』<クロゴー君
の中に記事があります)


クロゴー君 のコピー - バージョン 2

クロゴーは、我が家の隣の、
畑や雑草地の広場の向こう側の家に本宅がありました。
そこでも、ある日突然やってきて、
あまりの可愛さに家猫にしてもらった、
といういきさつがあるのですが、

なぜか我が家”も”気に入って、
1日の大半をマウの家で過ごしたり、
何か、例えば、病院に行ったとか、そういうことがあると、
すぐにマウの家に向かうという不思議な距離感のネコちゃんでした。

思い出の写真集。

クロゴー&マウ3 のコピー

クロゴー&マウ2

マウちゃん、強い!

クロゴー&マウ

あのね、クロゴー君。
君は今、ネコの天使になったから、
私のお願いを聞いてくれますか。

クロちゃんが虹の橋を渡って、
クロゴー君もそこに行っちゃって、
マウだけになって寂しかろう、

と思っていたけど、

案外、そうでもなくて、
今は、たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンや、
ふしぎ君チビがマウの周りで暮らしています。

こうして、次から次へと、
見知らぬネコちゃんがやって来るのが後を絶ちません。

みんな、クロゴー君みたいに、
実家があったりして、幸せならいいんだけどね、、、。
それぞれの事情がよくわからないから、
悩ましいところです。

我が家は、無尽蔵にネコを助けることはできません。
基本的に、定員は3ニャンだと思います。
そして、これ以上、自由に外を歩くネコが増えると、
近所の人が黙認してくれる許容範囲を超えると思います。

それなのに、もしかしたら、
他にも「大丈夫かなあ」と思うネコの存在がいるかもしれません。

何か手を差し伸べるとしたら、
私1人なので、捕まえることからして至難の業です。

世の中には、動物のマザーテレサみたいな人がいて、
次から次へと現れるどんな子も助ける行動力を持っています。
その人は人生の全てを動物愛護に捧げているのです

私なんて、みせかけの動物愛護をしているにすぎない。
マウを一生幸せにする、見守る、ということは、
揺るぎない決意
ですが、
それ以上のことは、最善さえ、尽くせるかわからない。

なぜなら、それを実行するなら、
時には近隣に働きかけて理解を得る勇気や実行力が必要だし、
経済的な負担も大きいし、
“ネコが中心の人生”になってしまうから。

クロゴー君、私は、来るネコ、来るネコ、
全てを受け入れたり、全てを幸せにするような、
“ネコのマザーテレサ”にはなれないよ。

少なくとも今のところはね。

自分の人生だけでも必死にもがいているからね。

それでも、そんな中でも、
何か私にできること、すべきことがあったら、
クロゴー君やクロちゃん、、、
過去の歴代のネコちゃんたちが教えてくれるのよね。
そのメッセージだけは、
聞きもらさないで、実行していきたいと思うよ。

少しずつ、小さなことから、しか、
今はできないけどね。

クロゴー君、私の話を聞いてくれて、
ありがとね。


もしよろしければ、
ポチっと応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

今日は

11月11日は、数年前に亡くなったクロゴー君の命日です。
日にちに頓着しない私も、
クロちゃんの命日(4月1日、エイプリルフール)と、
クロゴー君の命日(11月11日、1が4つ並んでいる)は、
忘れようがありません。

クロゴー君は、本家(実家)と愛人宅(私の家)と、
もしかしたら、他にもいろいろな人たちに愛されたネコちゃんです。
ライブラリ - 09464

いつも愛人宅(何度も言いますが私の家)に入り浸りでしたが、
本家(実家)も心から大切にしていたクロゴー君。
そんなクロゴー君のことは、
左のバーの《カテゴリ》の”クロゴー”をクリックすると、
記事を読むことができます。

ライブラリ - 07937

クロゴー君は、限りなく、人間臭かったネコです。
当時、我が家には、週2回、子どもたちが集まってくる時間がありました。
必ず、その日、その時間は、その場にやってきて、
(自分でドアを開けて入ってくることもよくありました。
ドアだけ開くけど、誰もいなくて、「え?誰?」と思うと、
下から小さなネコが入って来て、
子どもたちが顔を見合わせて驚くこともありました)


座布団の上に座って、とりわけネコ好きな子どものそばにいて、
子どもたちになぜなぜされながら寝ていました。
クロゴー君にとって、それは大切なお仕事(出勤)のようなものだったのかもしれません。

ライブラリ - 07130
クロゴー君は、多分、マウのことが大好きで、
でもマウは、クロゴーのことを、”弟分”としか思っていませんでした。

一度だけ、マウから、クロゴー君にくっついて、
すやすや眠ったことがあります。
その時の、クロゴー君の「え!?どういうこと!?」
という驚いた顔が忘れられません。

その後、優しいクロゴー君は、
マウと一緒にいい子して眠りました。

クロゴー君が危篤になった頃、
本家(実家)のおかあさんがうちに来られて、
(正確には、クロゴー君を迎えに来られたのです)
一緒に見守ったことがあるのですが、
そのとき、クロゴー君の実家のおかあさんが、

「この子はきっと生まれ変わると思うんです。
今度はきっと、人間に生まれ変わると思うんです。」

とおっしゃいました。
それが、あり得る、と思ってしまうネコちゃんでした。

お互い、横たわるクロゴー君を囲んで、
わんわん、泣きながら、そんなお話をしたことを、
ふと、思い出したりします。

この世の全ての動物たちが、
クロゴー君みたいに、人間に愛されて、
大切にされる世の中になりますように。


地球は、人間だけのものじゃなく、
生き物すべてのもの、なのだから。
せめて、そのことを、
人間が理解してくれる世の中になりますように。


ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

☆どうもありがとうございます☆

FC2ランキングはとっても順位が低くなってしまったので、
ブログの簡素化のため、参加するのを止めました。
(けれど、登録はそのままにしてあるので、データは消えません)
今までのご声援に心から感謝しています。


猫友日めくりカレンダー表紙猫友日めくりカレンダー購入コンテンツ
購入フォームはこちら






わっすれられないの

11月11日は、クロゴー君の命日です。
クロゴー君は、
2011年11月11日に亡くなりました。
ぞろ目ということで、
忘れ難い日にちです。

そういうところも、
不思議君、クロゴーにぴったりです。

ライブラリ - 08004

クロゴー君は、
太く短く生きました。
中身のいっぱい詰まった猫生でした。

ライブラリ - 08012

ものすごく愛してくれる実家と、
入り浸りの愛人宅(何を隠そう、マウちゃんちのこと)、
もしかしたら、他にも出入りできる家があって(その辺は謎)、
人間が大好きで、
毎週、子どもが集まる曜日と時間になると、
律儀にも必ず同席して、
猫好きな子どもの間に挟まれて寝ているという風に、
中に小さい人間が入っているような猫ちゃんでした。

ライブラリ - 08086
↑足の裏が汚い(土だらけだ)けど、それが広い縄張りを自由に歩き回るクロゴー君らしさでした

やること、なすこと、
愉快で可愛くて、
マウちゃんのよき弟分でした。

クロゴー君が亡くなる前のこと、
クロゴー君の実家のおかあさんが、
うちにクロゴー君を迎えに来られたとき、

ただただ、横たわって静かに寝ているクロゴー君を囲んで、
お互い、おいおい泣きながら、
あんなこともあったね、
こんなこともあったねと、
クロゴー君の思い出を語っていたのですが、

「この子は今度こそ人間に生まれ変わると思うんです」

と、確信的におっしゃったのが、
今も心に残っています。

〜人間みたいって思っていたのは、
私だけじゃないんだ〜

そして、クロゴー君に関しては、
ほんとに、今度こそ人間に生まれ変わって、
人間の人生でも、
たくさんの人を愛して、楽しませて、
幸せに暮らすんだろうなぁ、

〜その時、また会えるといいなあ〜

と思いました。

この世の全ての動物たちが、クロゴー君みたいに大切にされる世の中になることを願って、祈って。


ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

☆どうもありがとうございます☆

FC2ランキングはとっても順位が低くなってしまったので、
ブログの簡素化のため、参加するのを止めました。
(けれど、登録はそのままにしてあるので、データは消えません)
今までのご声援に心から感謝しています。


*.*.*: 姉妹ブログもよろしくね *.*.*:

ピアノがお好きな方へ
calico catの♪ぴあの♪音楽帖

猫友日めくりカレンダー表紙猫友日めくりカレンダー購入コンテンツ
購入フォームはこちら







クロゴー君との日々

クロゴー君との思い出の続きです。
前回のブログと同じように、3ショットから始めます。
手前から、クロちゃん、クロゴー君、ブロック塀の上にマウです。

ライブラリ - 00257

<めちゃめちゃフォトジェニックなクロゴー君です>

ライブラリ - 00334

クロゴー君とご実家とmaukoronの家を強く結びつけたきっかけは、
4、5年前にクロゴー君が尿路結石になったことです。
私が「これは変だ!」と気づいた時には、もう行方不明。
ご実家の娘さんが「うちのクロちゃん、来てませんか?」
と一生懸命探していらっしゃいました。

ご実家では、ぐったりしたクロゴー君を探し出し、
病院で適切な処置を施してもらったクロゴー君。
無事、回復することができました。

ただ、その時から、詳しくはお聞きしなかったけれど、
クロゴー君は長く生きられないだろう、
と先生から言われたそうです。

ここに、ピンぼけだけど私が大好きな写真があります。
クロゴー君はよく、こんな可愛い顔をして、
何十分もぼ~~~っとしていました。

ライブラリ - 00529

本当に愉快なクロゴー君。
面白い写真もたくさん残していきました。

ライブラリ - 00616

クロゴー君は、基本的に、マウちゃんの家に入り浸りでした。
夜はほとんど、マウちゃんの家で寝ていました。
いつ実家に帰るんだろう、と思ったけど、
実家のお母さんがおっしゃるには、
ちょこっと、きちんと、毎日顔を出していたそうです。

3年くらい前から、時々体をぐったりさせることがありました。
脱水を繰り返し、その度に、
実家のおかあさんに連絡し、
輸液をしてもらって、元気を取り戻して、
「マウちゃん!来たよ!」って遊びに来る、
そんな繰り返しでした。

1年くらい前からは、
とにかく激しく嘔吐を繰り返すようになりました。
それが可哀想でなりませんでした。

ご実家で病院に連れて行ってくださって、
検査と輸液、治療をしながら、
マウちゃんちに通ってくれました。

検査結果は、1年半前に亡くなったクロちゃんと同じ、
腎臓が壊れてしまっているというものだから、
詳しく聞かなくても、どういうことかわかりましたし、
これからどんな風に弱っていくのかもわかっていました。

数ヶ月前から、病院では、
クロゴー君の命は時間の問題と言われたそうです。

だけど、元気を取り戻した期間があったので、
きっとまた、1年、更にもう1年、、、と一緒に暮らせるね、
と思っていました。

クロゴー君は、繰り返しやって来る、体の不調と闘いながら、
だけど、一度も苦しいとか、しんどいとか、弱音を吐くことなく、
いつも飄々と明るく生きていました。

そして、縄張りの確認、必要であればケンカ、
実家とマウちゃんの家の往復、
途中で出会う、人間の知り合いとのコミュニケーション、
知らない人や子どもたちとのコミュニケーション、、、

そんなことを、全てきちんとこなして、
毎日を生きていました。

今日はここまで。

<やっぱりフォトジェニックなクロゴー君 @2009年>

ライブラリ - 00607


ランキングに参加しています
もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2ランキングはとっても順位が低くなってしまったので、
ブログの簡素化のため、参加するのを止めました。
(けれど、登録はそのままにしてあるので、データは消えません)
今までのご声援に心から感謝しています。

どうもありがとうございます。


クロゴー君との馴れ初め

この世の全ての動物たちが、
クロゴー君みたいに大切にされる世の中になりますように。


その願いを込めて、
クロゴー君との日々を振り返りたいと思います。

ここに、クロゴー君がマウの家に遊びに来るようになった頃の写真があります。

クロゴー君が亡くなる前、つまり、つい最近になって初めて、
ご実家でのクロゴー君とのなれ初めを伺いました。

「5年半くらい前に出会ったばかりなのに、、、」

と、ご実家のおかあさんは、すっかり弱ってしまったクロゴー君を見ながら、とても残念そうにおっしゃいました。

ライブラリ - 00032

私の写真の情報によると、2006年7月に撮影したことになっていますから、それはほぼ、この写真が撮られた頃のことです。

最初はクロゴー君の実家の外に現れるようになって、
外でごはんをあげていたけど、
あんまりにも可愛いので、家に入れて育てることにしたそうです。

当時病院のお医者さんは、
クロゴー君(実家ではクロちゃん)は去勢していて、
成猫だろうとおっしゃっていたそうです。
もしかしたら、当時3才くらいだったかもしれないんですって。

そして同じ頃、クロゴー君は、
マウの家にも遊びに来るようになりました。
不思議だったのは、初めて会った頃はガリガリだったのに、
どんどん大きくなったことです。
同じネコちゃんとは思えないほど大きくなったんですよ。

ライブラリ - 00209

実は、ブログに登場したことはありませんが、
クロゴー君に出会った最初の頃、
クロゴー君には子分(弟分?)がいたのです。
それが、この写真のマウの隣にいるネコちゃんです。

ライブラリ - 00153

いつもクロゴー君とオフホワイト君の
2ニャンつるんで遊んでいたのですが、
ある時、このオフホワイトのネコちゃん
(私は勝手にティロちゃんと呼んでいた)の性格が変わって、
ケンカばかりするようになり、マウのことも、
「放っといてくれよ」と冷たい感じになり、
とうとう、クロゴー君ともケンカをするようになりました。

ある夜、ティロちゃんは、マウの家の外でものすごいケンカをしました。
その相手が誰かはわかりません。
クロゴー君だったかもしれないし、他のネコちゃんの可能性も大です。
ティロちゃんは、大量のオフホワイトの毛を庭に残して、
それきり、2度と姿を現しませんでした。
飼い主さんも「チコ、チコ」って探していらしたけれど。。。

そんなわけで、2007年頃、クロゴー君は、
どこへ行くにも一緒だった友だち(男)を失いました。
(それにしても、それぞれ家で飼われているのに、
どうやって落ち合って遊んでいたのでしょう。
人間みたいで愉快でした。)

ところで、マウちゃんの家では、
もう1ニャン大切なお友だちがいましたね。
1年半前に亡くなったクロちゃんです。
(似てるけど、奥がクロゴー君で、手前がクロちゃんです。)

ライブラリ - 01129

クロちゃんは、晩年、右前脚の切断を余儀なくされたのに、
「オレは男だ!!」と縄張りを守りに外に行くから、
去勢をしたところ、やっと縄張りを守るのを諦めてくれて、
マウの家で穏やかな余生を送りましたが、

元泣く子も黙るクロちゃんと、徐々に距離を縮め、
最終的には、クロちゃんに認められ、
クロちゃんの代わりにマウを体を張って守ってくれるようになりました。

長くなるから今日はこの辺でおしまい。
続編をお楽しみに。


ランキングに参加しています
もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2ランキングはとっても順位が低くなってしまったので、
ブログの簡素化のため、参加するのを止めました。
(けれど、登録はそのままにしてあるので、データは消えません)
今までのご声援に心から感謝しています。

どうもありがとうございます。





プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR