07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

何度でも言うよ

まず最初に、
今日もマウはとってもいい子で、
とってもかわいくて、
とっても元気です。

マウ、いつもありがとう。
マウ、アイ・ラブ・ユー。

いかなる動物も、
苦しめて、痛めつけて、辛い思いをさせてはいけない。

ライブラリ - 14097

ちいにゃん(さよなら原発 さよなら肉食 ハッピーな人生を!)さんのブログで、ポール・マッカートニーからのベジタリアン生活についてのメッセージ(YouTube)を知りました。

ライブラリ - 14098

みなさんは、牛さんを間近で見たことがありますか?
私は幾度かあります。
たった今気づいたのだけれど、ある牛さんたちは、
私が出会った後、遅かれ早かれ、
人間のために命をうばわれたのだと思います。
その時は、そういうことについて、
何も考えていなかった。。。

胸が痛みます。

ライブラリ - 14099

牛を間近で見る機会がある度、
あまりにも優しい目をしていることに胸がいっぱいになります。
豚さんも、ミニブタを見てわかるように、
本来はとても賢くて、清潔好きなのだと思います。

夏だ、スタミナだと言って食されるウナギ。
残酷な方法でさばかれる様子をニュースで見る度、
悲しくてしかたなくなります。

私はこれから何度でも、
本当に肉食が必要ですか、
と、問いかけます。

世の中のいかなる動物も、
人間によって、ひどい目にあうことがない世の中になるまで。

*ここにもポール・マッカートニーのメッセージをアップします。
正直言って、私は直視できませんでした。
ですから、全ての人に見て、とは言いません。
けれども、それほどのすさまじいものだということだけは、
頭の片隅に置いておいてください。




ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2ランキングはとっても順位が低くなってしまったので、
ブログの簡素化のため、参加するのを止めました。
(けれど、登録はそのままにしてあるので、データは消えません)
今までのご声援に心から感謝しています。

どうもありがとうございます。

*.*.*: 姉妹ブログもよろしくね *.*.*:

ピアノがお好きな方へ
calico catの♪ぴあの♪音楽帖

猫友日めくりカレンダー表紙猫友日めくりカレンダー購入コンテンツ
購入フォームはこちら


スポンサーサイト

少しでも知ってほしいこと

次から次へと、
動物を取り巻く頭の痛い問題が後を絶たない。

私はこのブログを、マウとその仲間たちの、
涙あり、笑いありの毎日を記録したかっただけなのに。


「どうして人間は必要以外に毛皮製品をほしがるの?」

ライブラリ - 13749

「マウ、そんなもの1つもほしくない」

ライブラリ - 13751

「マウの家には真夜中、タヌキさんもやってくる。
仲良しにはなれないけど、
みんな一生懸命生きていることはよくわかる。

マウは、人間たちにお願いしたい。
動物の仲間たちを人間の都合で苦しめないで。
仲良しにならなくていいから、
そっとしておいてあげて。

ライブラリ - 13763


8月8日締め切りリアルファー不使用を求める署名があります。
  ↓  ↓  ↓
神戸コレクション・東京ガールズコレクション両イベントでの毛皮・リアルファー製品の不使用を求める署名


どうしてこんなにも、多くの人の署名を求めているのか、
その理由は、以下のブログに詳しく書かれています
(まん中あたりにショッキングな写真があるので、
苦手な方は気をつけてください)
  ↓  ↓  ↓
ちいにゃん(さよなら原発 さよなら肉食 ハッピーな人生を!)

ブログを見るのが辛い方もいらっしゃるかもしれないので、
ポイントを書いておきます

■リアルファーは高価なものだけでなく、
100円ショップやホームセンターの商品の中にもあるのです

それらを見つけたら、
血まみれのうさぎの姿を忘れないで。
買わないで。

(ここまで、『ちいにゃん(さよなら原発 さよなら肉食 ハッピーな人生を!)』さんのブログの引用です)

■生きたまま逆さまにされ、喉を切り裂き、
一気に皮を引きはがされ、
それでもまだ生きているのに、
ごみのように捨てられ、
全身の痛みに耐えながら息絶えていく。

それが毛皮の作り方です。

■代表的な毛皮のコートだけでなく、
靴やバッグ、アクセサリーなどにも使用されていることに気づいてください。

(ここまで、上記、『ちいにゃん(さよなら原発 さよなら肉食 ハッピーな人生を!)』のブログの中から、むうさんという方のブログの転載です。)

その他の気づきを書いておきます

■日本全国に呼びかけているのに、目標署名数からほど遠い、5600人あまりの署名しか集まっていません。このような残酷な行為に対してNOと表明する人があまりにも少ない気がします。

■消費者が毛皮製品を求める限り、生き物たちの悲劇は終わりません。
消費者が毛皮製品はいらない、と買わなければ、この悲劇は終息に向かいます。

■これは私個人の意見ですが、今年の秋冬ファッションを見ていると、全く毛皮製品の勢いが衰えていません。上記のブログでは、うさぎやタヌキが例に挙がっていますが、高級毛皮とされる、フォックス、ミンクがたくさん出回っています。ヨーロッパでは、キツネが好ましく思われていないという現実があるように感じています。そのせいか、あまりキツネについての言及を見かけませんが、どうやら、おびただしい数の”シルバーフォックス”と呼ばれる毛を持つキツネも犠牲になっていると思われます。

■そもそも女性は、どうして毛皮がついたデザインを好むのだろう。もしもそれが、自分をより良く見せたいというエゴだったり、周囲への「かっこいいでしょ」という自慢の気持ちからだったり、男性にモテるためだとしたら、、、男性にお願い。毛皮がついてるデザインのアイテムを持っているからといって、その女性をあらためて見直したとか、かわいいとか、かっこいいとか、ぼくは思ってないですよ、と、漠然とした意識から顕在意識に変えてほしい。できれば、そっとそのことを女性を傷つけないよう教えてあげてほしいです。

このブログを読んでくださった方にお願いしたいこと

■もしよろしければ、毛皮不使用のための署名をお願いします
■今回署名できなくても、毛皮にされた動物たちの現実を忘れないでください
Facebookやツイッターで拡散してください
(上でリンク先を紹介した『ちいにゃん(さよなら原発 さよなら肉食 ハッピーな人生を!)』さんのブログ記事の一番下にツイートボタンやフェイスブックボタンがあります。)



ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2ランキングはとっても順位が低くなってしまったので、
ブログの簡素化のため、参加するのを止めました。
(けれど、登録はそのままにしてあるので、データは消えません)
今までのご声援に心から感謝しています。

どうもありがとうございます。

*.*.*: 姉妹ブログもよろしくね *.*.*:

ピアノがお好きな方へ
calico catの♪ぴあの♪音楽帖

猫友日めくりカレンダー表紙猫友日めくりカレンダー購入コンテンツ
購入フォームはこちら


↑〆切りが9月末に延長されました♪

ごめんね

ごめんね

何の力にもなれなかった。
ごめんね。

日本のある自治体で、
期限をむかえた犬たちが処分されました。
 ↓クリックすると記事にジャンプします
長崎Life of Animal | 合掌

みんな、いい顔してたのを思い出す。
保護されたときは不安でいっぱいでも、
なんとか生きる道を探そうとしてくださる人々に囲まれて、
きらきらした目をして、
笑っているみたいなワンちゃんもいっぱいいた。

ごめんね。
本当にごめんなさい。

ライブラリ - 04627

悲しくてしかたない。
任務を粛々と実行された方も、
さぞかし辛い思いをなさったと思います。

長崎Life of Animalさんは、こうして口にするのが辛い情報を教えてくださるけど、
私たちにが知らない間に、
日本では、今日もたくさんの不幸せな動物たちが、
最期の日を迎えたんだと思う


マウはものすごく幸せな猫だと思う。
決して私がマウに特別なことをしているという意味ではない。

私が、マウが命を全うする日まで、
何があろうと、
絶対にマウを守り続けると決意しているから。

(ただし、私の身に何かがなければ、の話だが)

今ご縁がある飼い主に、
”どんなことがあっても
あなたが最期を迎える日まで、
絶対に命を守る”
と覚悟してもらっている動物たちは、本当に幸せである。

殺処分しか解決策がない国に住んでいるのが悲しい。
殺処分しない国があるのに、
どうしてこの国はそれが実現しないんだろう。


犬や猫たちだけではない。
いかなる動物もむやみに殺さないでほしい。
1人でも多くの人が、お肉は食べなくてもいい、と思うようになってほしい。
1人でも多くの人が、お魚がどうやって殺されて食卓にあるのか、
真実に目を向けてほしい。

ライブラリ - 04640

今の私は、マウを守るだけで精一杯です。
そんな私が偉そうにここで何を言える?
言ってるだけじゃ、何も始まらない。

今日も日本のどこかで処分された動物たち、
本当に、無力でごめんなさい。

こんな悲しいことがない世の中になることを、
心から真剣に願っている。


ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2ランキングはとっても順位が低くなってしまったので、
ブログの簡素化のため、参加するのを止めました。
(けれど、登録はそのままにしてあるので、データは消えません)
今までのご声援に心から感謝しています。

どうもありがとうございます。

*.*.*: 姉妹ブログもよろしくね *.*.*:

ピアノがお好きな方へ
calico catの♪ぴあの♪音楽帖

猫友日めくりカレンダー表紙猫友日めくりカレンダー購入コンテンツ
購入フォームはこちら



果てしなく遠いけど

今は、虹の橋の住民クロゴー君、
君の男前な写真を見つけたよ。

ライブラリ - 08006

この前、図書館に行ったら、
受付の方が、
私がつけているアクセサリー、象牙ですか?って言われたので、
まず、そんな高価なものは身につけませんし、
動物を傷つけるアクセサリーが流通してはいけません、
近頃は、プラスチックなどの素材の進化と、
デザインで、いくらでも、イミテーションなのに素敵なのが作れます
ね、

というお話から始まって、

毛皮もダメです、と私が言ったら、
でも、この前、骨董市でたっくさん売ってあったわよ、
それにロシアとか、毛皮がないと生きられないって現状もあるじゃない、

と言われたので、
生活に必要な分、できる限り残酷ではない方法なら仕方ないですが、
パリコレみたいなもののためにはいらないと思います、

というお話に至り、

ついには、私はお肉は食べません、と言ったら、

「それは何かの宗教のせい?」

と言われました。

ライブラリ - 07998

お肉を食べない=何か特別な宗教

という図式があることを、
久しぶりに思い起こさせるできごとでした。

なぜ短絡的にそう思われてしまうのか、
恐らく、

生まれつき、お肉を受けつけない体質の人は別として、

お肉から作られる料理は美味しいのに、
それを食べないでいられるには、
何か精神的な制約がある”から”できる、

それほどまでに、何か難しいことと、
一般的に思われているせいかな、と思いました。

私は、「宗教が理由ではなく、動物たちを苦しめたくないのが理由です
と答えました。

すると、「人は人だから。人に強制してはだめよ。」

「お肉、美味しいのにねぇ」
とおっしゃるけど、

素直にうなずけないんですよね(笑)
できればみんながお肉を食べなくなればいいな、
って思います、と私。

受付の方は、ますます困惑した何ともいえない微笑みを浮かべて、
「今日は貴重な、珍しいお話をありがとうございました」
とおっしゃいました。

最後まで平行線をたどったけれど、
自分の意見を率直に伝えてくださる人ってありがたい、
と思いました。

だってもし、私がお肉食べないと言うのを聞いて、
心の中で「変わった人」「何かの宗教?」etc...
いろいろ思い浮かんでも、
表面的には、「そうなんだ、へぇ~」でおしまい、という選択肢もあるわけで、
そんな当たり障りのない対話が一番つまらないと思うから。

まとめます。
私がお肉を食べないのは
健康的な生活のためでも、
宗教の制約でも、、、
なんでもなく、
シンプルに、動物たちを苦しめたくないからです。

お肉(できればお魚も)食べない生活をすることは、
そんなに難しいことではありません。

難しいと感じるのは、
習慣のせいだと思います。
お肉を食べて美味しいと思ってきた習慣を断ち切ることが難しいのだと思います。

私は、と言えば、もうお肉を食べなくていい、
とわかった時に味わった、心に広がる喜びを今でも忘れることができません。

<おまけ>
あくびシリーズ、マウちゃんの場合

ライブラリ - 07991

ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2ランキングはとっても順位が低くなってしまったので、
ブログの簡素化のため、参加するのを止めました。
(けれど、登録はそのままにしてあるので、データは消えません)
今までのご声援に心から感謝しています。

どうもありがとうございます。


猫友日めくりカレンダー表紙猫友日めくりカレンダー購入コンテンツ
購入フォームはこちら



マウの性格、そして私の場合

今日、テレビを見ていたら、
ツンデレってことばが出てきた。

皆さんご存知とは思いますが、
ツンとおすまししてるけど、
ある時ふと、デレっと甘える女の子のことを言うのですが、

それって、マウだ!!

と、目の前でちんまり寝てるマウを見ながら、
そう思いました。

気丈です、マウは。
好き嫌いもすごくはっきりしています。

でも、チビの頃、
こんな一面もありました。

↓我が家にマウがやって来た頃、
やはり我が家に出入りしていたオーレンジ君を、
母親のように慕っていました。
(注:オーレンジ君は男の子です)

ライブラリ - 13493

↓クロ兄さんにもペトっとくっついていました。
でも、クロちゃんは照れ屋なので、
「やめてくれよ」って言って、長い間一緒に寝てくれませんでした。

ライブラリ - 13494

今日は私がお肉を食べなくなったきっかけをお話しします。
これは心の中にずっとしまっておきたかったのですが、
世の中、お肉を食べることが終息するどころか、
加速しているように感じるので、
微力ですが、ブレーキをかける力になればと思って書きます。

心の中にしまっておきたかった理由の1つが、
ヨーガがきっかけだった、ということです。

こう書くと、ヨーガに何か不思議な力があるのではないか、
と信じる人もいるかもしれないし、
私自身、何か特別な体験をしたと思われるかもしれない。

そういう解釈をしてもらいたくないのです。

単に、私にとってのきっかけが、ヨーガだったのです。
ですから、皆さんには皆さんのきっかけがあると思います。

私は、何か心と体の効用を期待して、
食事をしたり、ヨーガをする人間ではありません。

”●●に効くから食べる、飲む、ヨーガをする”という気持ちに起因する行為が心にしっくりきません。

それを食べたいから食べる、
ヨーガをしたいからする、
そんな日々を過ごす中で、
お肉を食べることに疑問を感じるようになりました。

けれども、なかなかお肉を断つことはできませんでした。

ヨーガをするようになって2、3年目、
ヨーガをしていたら、ある日突然、腑に落ちました。
何の脈略もなく、
心から、体から、『お肉はもう私には必要ないんだ』
ということを実感しました。

そして、心の中が喜びでいっぱいになりました。

その時から、きっぱりと、お肉を食べる生活を止めました。

比較的速やかにベジタリアンやビーガンになれる人もいるでしょう。
しかし、私のように、”わかっているけどお肉を断ち切れない”という人が大多数だと思います。

1つ言えることは、頭のどこかで、犠牲になった動物のことを考え、「ありがとう。大切にいただきます。」と思っていたことが、だんだんシフトして、「いいのかな?このまま食べ続けてもいいのかな?」と自問していくうちに、心と体で、「もうお肉を食べなくても生きていける」と深く納得したとき我慢することもなく、無理することもなく、自然にお肉を食べない生活が始まるのではないか、ということです。

自分1人がお肉を食べなくても、今日も牛が、豚が、鶏が、、、殺されるのは止まらない、確かにそうです。

けれども、需要があるから食肉産業が存在するのであり、需要がなくなったらいつか必ず姿を消すのです。

現に、日本の昔ながらの伝統工芸のお店が、安価で大量に生産された商品に押されて姿を消しています。それは残念なことですが、もしも同じことが、『命』を扱う産業に起こったなら。。。

毛皮の犠牲になる動物がいなくなるし、
食肉にされる動物もいなくなります。
海のために、魚介類の犠牲も減らさなければなりません。
魚介類に人間が与えている苦しみも、
願わくばなくなりますように。

~まだ、動物実験というハードルが残ります~

それでも、できることから1つ1つ、していく、
ただそれだけで、何かが少しずつ、変わると信じています。


ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

FC2ランキングはとっても順位が低くなってしまったので、
ブログの簡素化のため、参加するのを止めました。
(けれど、登録はそのままにしてあるので、データは消えません)
今までのご声援に心から感謝しています。

どうもありがとうございます。


猫友日めくりカレンダー表紙猫友日めくりカレンダー購入コンテンツ
購入フォームはこちら





プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR