05
1
3
4
5
6
7
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

進出ネコさんのこと

前回のブログの後半に、昨年末からの進出ネコさんのことを書きました。

私は、次から次へとやってくるネコたちを、
諸多の理由から安易に「かわいいね」とは思えません。
(諸多の理由なんて考慮にいれる必要がなければ「かわいい」の一言です)
経済的理由もありますが、
人間社会との噛み合いもあるからです。

前回、私はそのネコちゃんのことを、
“お行儀が悪い”と書きました。
昨日、「ほらね、これだ!」というお行儀の悪さを目撃しました。

それは、大きなキャラットの袋の中の、
500グラムほどに小分けしてある透明な袋、
その封を開けて洗濯バサミで仮止めしてビンに移し替える前の状態、
その袋ごと、持ち去ってしまったのです。

今までも、洗濯バサミで仮止めした小袋を破って食べていたけど、
500グラムも入っている袋ごと持ち去るなんて!

結局、その日はそれ以降、家の中に入ってきませんでした。
ということは、その子は、とにかくごはんがほしいのであって、
寒さをしのぐ場所を我が家に求めているわけではないのかもしれない、
と思いました。

でも、私が勝手に「ネコ界のマザーテレサ(もしくはゴッドマザー)」
と考えている、犬猫みなしご救援隊の中谷さんのブログによく書いてあるように、

自由ネコにごはんをあげる

のは、私がその子の責任を持てる状態ならいいのですが、

ただ単に、かわいそうだから、とか、
その場しのぎの自己満足で”えさやり”をしていると、
真にその子のためになるとは限らないし、
皮肉にも、不幸なネコを増やす結果となる可能性もある、ので、
(上にリンクした犬猫みなしご救援隊さんのブログにも、
この度、高齢のえさやりさんが面倒を見れなくなって、
保護されてきたネコたちの話が書いてあります)


責任が取れないのであれば、
あくまで、ごはんはあげない、
という態度を貫かないといけません。

(ネコが増える、というだけでなく、
ごはんや容器を放置して“汚い”という評判が立つと、
”ネコという生き物”が悪者になってしまうこともあります)


責任を取るためにはまず、捕まえて、
避妊・去勢してあるか確認したり、
してなかったら施さなければなりません。

でも、今日まで生き抜いて来た、
警戒心が強く、賢い自由ネコを捕まえることが、
一番むずかしい。

何よりも、どうして君は徘徊しているの?
家はあるの?
理由は何なの?
それらの背景が少しずつ埋まらないと、
一番難しい捕獲まで至りません。
だって、捕獲に失敗したら、
ネコに怖い思いをさせる上に、
何一つ、解決しないからです。

〜その子の面倒を見る決心がつくまで、
  時間がかかるのです〜

とにかく、まずは、“黒猫を飼っている人で、
最近行方不明になっているネコを探している”人がいないか、
声をかけてみようと思います。

そうそう、“お行儀が悪い”のは、悪い子って意味じゃないです。
ネコに悪い子はいません。
お行儀が悪いことをしなければならない理由があるのです。
その理由を解明して解決してあげることができれば最高なのですが。

進出ネコさんは黒ネコです。
DSCF8521 - バージョン 2

↑黒すぎて周囲と区別がつかないので、
写真を修整しています。

こうなると、目だけ光るネコ、アート作品です↓
DSCF8525.jpg

わかりやすく写真を加工するとこうなります↓
DSCF8524.jpg

このネコちゃんは、瞳がゴールド。
しっぽがトリミングしたトイプードルみたいに、
先っぽがボンボンになっているのが特徴です。

【追記】500グラムの袋は、ネコドアの外に置いてありました。
時々それを食べに来ているみたいでした。
けれど、そういうことをしていたら、
雪まみれ、衛生的にも悪いですし、
万が一、他のネコが集まってきてはいけないので回収しました。



もしよろしければ、
ポチっと応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

たぬき?それとも、、、?

何から、どのように伝えればいいのか。。。

ライブラリ - 20211

マウがいるせいか、我が家には、
外からふらりとやって来るネコちゃんが後をたちません。

常に、1、2にゃん、やって来ては、
あるネコはいつの間にか我が家のニャンになり、
あるネコはいつの間にかうちに来なくなります。

ライブラリ - 20225

いつの頃からか、うちにやって来るようになったネコちゃん。
はじめは、すごくスリムでしたが、
「ごはんくれ、ごはんたりない」と、ものすごく食べるので、
こんなに大きくなりました。

最初はタヌキに似ていると思って、
そのうち、よく見ると、コアラにも似てるので、
名前を、『たぬ吉たぬコアラ』と名づけました。

ノミがすごかったのですが、
だましだまし、フロントラインをつけられるほど、
かなり距離が縮まったので、
様子を見て、TNR(Trap捕獲-Neuter不妊手術-Return元に戻す)をしなければ、
と思っています。

ただ、危険を察した時の気性が相変わらず荒いので、
ネコの捕獲未経験者の私は、
どう、シュミレーションしても、怖いです。

今日の報告はここまでです。
まだ、書ききれない思いがたくさんあります。
状況を全て正確に伝えることは難しいので、
誤解を与えてしまう部分もあると思います。

どうしても、自分1人でできることには限界がありますが、
そのとき、そのとき、できることは、
逃げたり、投げ出したりしないでがんばろうと思います。

マウはお陰さまで、今日も元気です♡
ライブラリ - 20258


ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村

☆どうもありがとうございます☆

FC2ランキングはとっても順位が低くなってしまったので、
ブログの簡素化のため、参加するのを止めました。
(けれど、登録はそのままにしてあるので、データは消えません)
今までのご声援に心から感謝しています。


猫友日めくりカレンダー表紙猫友日めくりカレンダー購入コンテンツ
購入フォームはこちら







寝不足

ぼく、実家は別にあるクロゴーです。
最近、いささか困ったことがあるのです。

ライブラリ - 10592

それは、数週間前から、子猫のような甘い鳴き声をしたネコが、夜な夜な、ボクのセカンドハウス(つまり、マウちゃんち)の周りをうろつくことです。

最初の頃、ボクはその子と大げんかをして、左こめかみにひどいケガをした。
その日からボクはすっかり元気がなくなり、実家で病院に連れていってもらうなどの治療をした。
その日以来ボクは、その子が真夜中、セカンドハウスの中をウロウロしても、
「ボク、いませんから」という姿勢(つまり居留守)を貫いてきた。

だから、マウちゃんが、シャーとかフゥーとか言って戦っていた。
(マウちゃん、強いね!)

ライブラリ - 10594

その子はお昼間は来ないんだ。
でも、日が暮れると、どこからともなく現れるんだ。
そして、マウちゃんハウスに置いてある、ごはんというごはんを、
全て食べ尽くすんだ。

それは別にいいんだけど、
問題なのは、マウちゃんは《どら猫ごっこ》が好きなのか、
真夜中こそ、こっそり、たっぷり、ごはんを食べるんだ。

だから、マウちゃんのおか~さんの部屋のごはんだけは、
どうしても死守しないといけないんだ。

でも、そのネコちゃんは、ゲーム感覚でやってくる。
「応接間のごはん、クリア!(ピョン)」
「和室のごはん、クリア!(ピョン)」って感じで、
攻略するのを ”刺激的!” って楽しんでるみたいなんだ。

おかげで、そのネコちゃんが来るようになってから、
ボクもマウちゃんも、マウのおかあさんも、
寝不足なんだ。。。

そのネコちゃんの特徴は、こんなのだ↓
はっきり明るいところで見たことはないが、
なかなかきれいなネコちゃんなので、
ちゃんと家があるんじゃないかと思うのだ。

ライブラリ - 10602

ランキングに参加しています
もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村



どうもありがとうございます。

プロフィール

maukoron

Author:maukoron
ねこと木を守りたい、そんな願いと祈りを込めてブログを書いています。

舞宇(マウ)は、2003年9月頃、一晩中家の外をぐるぐる、大声でなきながら回っていた子猫。

おりこうさんで、おちゃめで、ちょっぴりやんちゃな子に育ちました。

舞宇のお友だちも時々登場します。

たぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンは2013年12月に必死の思いで捕獲してTNRをしたところ、それをきっかけに、本猫が我が家で暮らしたい、と決めたらしく、毎晩、我が家で寝ています。

ラメル(いろいろと事情があって、ふしぎ君チビ(通称ちびニャン)改名[茶々丸]改名[幸太郎]、ラメル(フランス語で「海」という意味)に至ります)はたぬ吉たぬコアラ・ダークブラウンが「こいつも面倒見てやってください」と言うので、2014年10月TNR実施したところ、すっかり我が家のネコさんになりました。

ルシエル(フランス語で「空」という意味。ラメルと合わせて「空海」完成です)は2015年8月6日の午後、家の中で申し訳なさそうにいるのを保護しました。どうして我が家の中にいたのかは不明です。ガリガリにやせ細り、体の下半分は重度のヤケドを負っていました。現在治療中です。

写真は、古いものから新しいものまでをアトランダムに、その日の気持ちで選んで載せています。

筆者maukoronはネコとピアノとヨガと瞑想と花と鳥のさえずりの声を聞くのが好き。全ての生き物が人間の都合によって不幸な思いをしない世の中になることを願っています。

フリーエリア

ねこともNet かわいい猫たちの日めくりカレンダー

リンク

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR